スポンサーリンク

先住猫の受け入れたサインは?先住猫と新入り猫を仲良くさせる方法はカンタン♪

猫の行動

先住猫の受け入れたサインは見逃せないですね?先住猫と新入り猫を仲良くさせる方法は、意外とカンタンだったんです。

猫によっては時間がかかってしまう場合もありますが、猫の特徴を知っておくことで、飼い主さんが仲良くさせるお手伝いができると良いですね?

先住猫が受け入れたサインとは?新入り猫を心配する飼い主が気をつけること!

スポンサーリンク

先住猫の受け入れたサインは?猫はどのくらいで仲良くなるものなの?

猫同士の相性を見極める期間は、1週間〜1ヶ月の間と言われていて、先住猫とすぐに馴染める猫もいれば、長い時間をかけたとしても馴染めない猫もいます。

これは性格の問題ですね!

飼い主にとってNGな行動は、猫を無理やり仲良くさせようとして、必要以上に近づけてみたり、また同じ空間に閉じ込めるようなことは逆効果になります。

両方の猫にとって、強いストレスになるので避けたいですね。

やはり自然に近づけるようにするのが良いのです。

先住猫の受け入れたサインは?相性の悪い猫の特徴は?

続いて、相性の悪い猫の特徴をみていきましょう!

相性の悪い猫同士は、威嚇したり急いでその場を離れるなどして、「相手を受け入れない意思表示」をすることが多いのです。

また、目で確認できるような激しい敵対行動をしていなくても、猫同士が避けていることがわかれば、猫の仲は良くない可能性があると言えます。

そのようなことが少しでも確認できれば、無理やり近づけることは避けたいですね!

引用:ツイッター

うちの猫は仲が悪い [ 谷口 菜津子 ]

先住猫の受け入れたサインは?先住猫と新入り猫の存在を少しずつ確認させる

新入り猫は別の部屋か、またケージなどに入れるようにして、猫同士直接触れさせることは避けましょう!

3〜4日くらい様子をみていくのですが、お互いの猫の存在を確認できるように、お互いの匂いがついた毛布や、おもちゃなどを交換してあげて、慣れさせていくと良いでしょう。

先住猫の受け入れたサインは?飼い主さんが確認しておく注意点は?

先住猫と新入り猫の状態が、健康であるかをまず確認するようにしましょう!

食欲はあるのか?毛づくろいの頻度は?性格なども知っておくと扱いやすいですね。

また猫同士の感染しやすいウイルスや、細菌性の感染症ノミ、ダニ、シラミなどの寄生虫を、先住猫に移さないように、飼う前に確認しておくことが重要です。

 猫ノミ ・ダニを駆除するには?生後1ヶ月・2ヶ月 の子猫にシャンプーとブラッシングと?

先住猫の受け入れたサインは?先住猫と新入り猫を仲良くさせる方法はカンタン♪まとめ

先住猫の受け入れたサインは見逃せないけれど、飼い主さんまで神経質になってしまうと先住猫ちゃんに気持ちが移ってしまうので、新入り猫ちゃんを迎え入れる場合には、段階を経て飼い主さんも慣れていくことがポイントです。

先住猫と新入り猫を仲良くさせる方法は、意外とカンタンですが、無理じいせずに自然の形で徐々に距離を近づけていくのが理想ですね!

猫によっては時間がかかってしまう場合もありますが、猫の性格もあるので、焦らずにお互いがストレスにならないように、飼い主さんがよく見ていて仲良くさせるお手伝いをしてあげてくださいね^^

一緒にお昼寝できる日は、そう遠くはないと思いますよ♪

うちの猫は仲が悪い [ 谷口 菜津子 ]


他にも、猫の行動について説明しています↓

https://www.artwave7.com/archives/category/猫の行動

 

(=^x^=)家族の健康を守るために、人気ペット保険のご紹介です。

ペット&ファミリー損害保険やペットメディカルサポートは、保険金をスムーズに支払ってくれるので、とっても安心!

保険料が高くなる10歳以上になっても、終身で継続できます。

検査や処置費用が30,000円のところ、25,000円の戻りがあり、かかった費用はわずか5,000円のみ。(事例、症状により異なります。)

いつでも病院で、診てもらえる環境作りは大切です。

今からでも愛猫ちゃんのために、準備してみてはいかがですか?

 

資料請求はこちらからどうぞ!!

ペット保険の資料一括請求サービス

タイトルとURLをコピーしました