「病は気から」思い込みでストレス発散!ポジティブな生活を送るには? - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

「病は気から」思い込みでストレス発散!ポジティブな生活を送るには?

心理学

昔から「病は気から」とよく言われ、気の持ちようによっては、体調がよくも悪くもなります。

心配事や不愉快なことがあると、病気になりやすくなり、いつもそのことばかり考えていると、ネガティブな感情が表面化していき、やがて悩みがピークになると病気になってしまいます。

原因はストレスだと言われているので、ストレスを自然に発散して、健康的な生活を送る方法を追求していきましょう!

国産 ミネラルウォーター 自然の恵み 天然水 2L×12本 LDC ライフドリンクカンパニー 2リットル 水 12本セット

スポンサーリンク

「病は気から」について、わかりやすく解説!

「病は気から」という言葉は、日本の諺(ことわざ)であり、心の状態や考え方が身体の健康に大きな影響を与えるという意味を表しています。

この言葉は、私たちの心と身体は密接に関連しており、心のストレスやネガティブな感情が身体に悪影響を与えることを示しています。

例えば、長期間のストレスや不安は免疫力を低下させ、体調不良や病気のリスクを高めることがあります。また、心の状態が落ち込んでいると、身体的な症状や不調が現れることもあります。

逆に、ポジティブな心の状態や良い気持ちが身体に良い影響を与えることもあります。

心の安定や幸福感が高まると、免疫力が向上し、回復力も高まるとされています。心地よい気分や楽しい経験は、身体的な健康状態に良い影響を与えることがあります。

したがって、「病は気から」という言葉は、心と身体のつながりを強調し、心の健康と身体の健康は切り離せないものであるということです。

クーポンで198円★384種類の野菜約 1ヶ月分 野草 果実 海藻 キノコ 豆類を使用約1ヶ月分 送料無料 酵素サプリ【seedcoms_DEAL2】

このことわざには、心の健康を大切にし、ポジティブな考え方や心の安定を追求することで、身体の健康を保ち、病気や不調を予防することができるという意味が込められているのです。

「病は気から」関連することわざ

いつでも気持ちを明るく持ち続けると、周囲の見え方も変わってきますよね?

周囲が見えていない時は要注意の時で、自ら周囲の人たちから距離を置き、自分の殻に閉じこもってしまう人がいるのです。

また心配事が多い人は、病気にかかりやすいこともそうですが、早く歳をとってしまい、あっという間に老けてしまうことは本当みたいです。

ここで「ことわざ」が出てくるのですが、

「心配は身の毒」

「百病は気から起こる」

「万の病は心から」

などの病気にまつわる言葉があります。

またこんな言葉もあります。

Fancy may kill or cure.(空想は人を殺しも生かしもする)

Care killed the cat.(心配事は猫を殺す)

ということで、これは 猫は9つの命を持つと言われていて、その神的な猫でさえも、心配すると殺してしまうという意味があるようです。

猫については、以下の記事も参考になりますので、読んでみてくださいね!

招き猫と古代エジプトの猫の女神バステトでご利益が?猫が大切にされてきたワケ


自律神経と心と体の関係とは?「病は気からを科学する」

病は気からを科学する・・・いったいどんなことが書かれているのでしょう?

電子書籍で無料で読むことができるので、気になった人は是非読んでみてくださいね!

https://amzn.to/3Di5tLu

そしてもう少ししっかり知りたい人は、↓こちらを参考にしてみてくださいね!

https://amzn.to/3PUjhn0

自律神経の不調などは、悩みや心配などのストレスで起こることがあります。

大きな心配事があれば食欲も落ち、よく眠れなくなります。それは心の状態が自律神経を左右し、体に大きな影響を与えるからなのです。

「病は気から」精神的要因は、癌にも関係?

癌は、私たちの体内で異常な細胞の増殖や広がりが起こる病気です。臨床研究では、癌患者の心の状態が、癌の進行や治療の結果に影響を与える可能性があることが示唆されています。

例えば、考えてみてください。ある小学生が学校で大切なクラスのプレゼンテーションをすることになりました。しかし、その子は自信がなくなり、自分の発表がうまくいかないのではないかと心配しています。

すると、プレゼンテーション当日、その子は極度の緊張から言葉が詰まったり、声が震えたりしてしまいました。

同じように、癌患者の心の状態も、癌の進行や治療の結果に影響を及ぼす可能性があるのです。

例えば、癌の治療に対して無力感を感じたり、否定的な感情を抑えようとすることで、心の負担が増えるかもしれません。これが、癌の細胞の増殖や広がりに関連することが臨床研究で示唆されているのです。

要するに、心の状態が癌の進行に影響を与える可能性があるため、癌患者は心のケアやサポートも重要なのです。心の健康を保つことは、体の健康とも密接に関わっているのです。

「病は気から」感情抑制について


「感情抑制」とは、意識的な努力で思考や感情、行動を抑えることです。しかし、このような努力は身体や心に悪影響を及ぼし、さまざまな問題を引き起こすことがあります。

例えば、友達とゲームをしているときに、自分が負けてしまったとします。そのとき、悔しさやイライラを感じるかもしれません。しかし、感情抑制をしようと思い、悔しさやイライラを表に出さずに抑えることを選ぶかもしれません。

しかし、感情を抑え続けることはストレスとなり、心や体に負担をかけます。例えば、頭が痛くなったり、イライラが募って眠れなくなったりするかもしれません。これは、感情を抑えることがストレスとなり、さまざまな心と体の問題につながることを意味します。

私たちが生活する社会は、ストレスが多いことがあります。だからこそ、ストレスのない生活を送ることは難しいのです。しかし、運動をしたり、好きな趣味に時間を使ったりすることで、自然にストレスを発散することができます。これによって、健康的な生活を送ることができるようになるのです。

【楽天6冠!高評価4.5】 スポーツキャップ ランニングキャップ メンズ レディース 帽子 ジョギング キャップ メッシュ トレラン サンバイザー 深め マラソン キャップ UV ジュニア テニス 日除け カット 紫外線 スポーツ 登山 ゴルフ アウトドア

つまり、感情を抑えることはストレスとなり、心や体に悪影響を与えることがあるため、適切な方法でストレスを発散させることが大切なのです。

「病は気から」思い込みでストレス発散!まとめ

感情のコントロールをしていくのは、本当に難しいと思います。

今日は穏やかに過ごそうと思っていても、何かのトラブルがあり巻き込まれたりすると、穏やかではいられなくなり、不安と苛立ちからストレスは溜まっていきます。

ストレスを発散する方法に、毎日続けることができる運動を取り入れたり、没頭できる趣味や娯楽を見つけて、みんなで楽しむ機会を作ることができると良いですね♪

ジムやカルチャースクールに通ったり、習い事をするのも気分転換になり、健康的に過ごせますね!

悩みを持ち過ぎて、癌細胞を増やすよりも、ストレス発散して元気な生活を送れるように工夫するのも一つの手です。楽しめることを探してみましょう!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

お役立ち情報サイト「心理学・カウンセリング・ことわざ」

https://www.artwave7.com/archives/category/ことわざ