スポンサーリンク

「病は気から」ストレスを自然に発散できる方法を知り、健康的な生活を送るには?

生活

昔から「病は気から」とよく言われ、病気は気の持ちようによっては、良くも悪くもなります。

 

 

心配事や不愉快なことがあると、病気になりやすく病が重くなります。

 

 

いつでも気持ちを明るく持ち続けて、無益な心配をしないほうが、病気にかかりにくかったり、病気が治りやすかったりするのです。

 

 

他にも「心配は身の毒」「百病は気から起こる」「万の病は心から」などの病気にまつわる言葉があります。

 

 

 

Fancy may kill or cure.(空想は人を殺しも生かしもする)

Care killed the cat.(心配事は猫を殺す)

 

 

という言葉もあり、これは 猫は9つの命を持つと言われていて、その猫さえ心配すると殺してしまうという意味があります。

 

 

 

 

猫については、以下の記事も参考になります。

 

404 NOT FOUND | 「カフェちっくな 日常会話」
お役立ち情報や最新情報を、ゆったりカフェにて毎日発信中~ 是非日常生活にお役立てください(*^-^*)

 

 

 

 


スポンサーリンク

自律神経と心と体の関係

 

 

自律神経の不調は、悩みや心配などのストレスのために起こります。

 

 

 

大きな心配事があれば食欲も落ち、よく眠れなくなります。

 

 

 

それは心の状態が自律神経を左右し、体に大きな影響を与える結果です。

 

 

 

 


精神的要因は癌にも関係

 

 

精神的要因や、癌患者の予後を検討した臨床研究において、無力感や否定的な感情抑制という精神的要因が、癌の増殖や広がりに関連することが示唆されています。

 

 

 

出典:市民のためのがん治療の会 もっと市民のためにシリーズ がん医療の今

 

 

 

 

 


感情抑制について

 

 

 

上記説明文にもある「感情抑制」は、身体的・精神的に悪影響を及ぼし、思考や感情、そして行動を抑制する意識的な努力 は、ストレスに変化し様々な心身医学的な問題に繋がっていきます。

 

 

 

このストレス社会の中で、ストレスのない生活を送ることは難しいので、運動や趣味の時間を作り、ストレス発散が自然にできると健康的な生活が送れるようになります。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

「病は気から」と、感情のコントロールをしていくのは、本当に難しいと思います。

 

 

 

今日は穏やかに過ごそうと思っていても、何かのトラブルがあり巻き込まれたりすると、穏やかではいられなくなり、不安と苛立ちからストレスは溜まっていきます。

 

 

 

ストレスを発散する方法に、毎日続けることができる運動を取り入れたり、没頭できる趣味や娯楽を見つけて、みんなで楽しむ機会を作ったりすることができると良いですね。

 

 

 

 

ジムやカルチャースクールに通ったり、習い事をしてみるのも良いと思います。

 

 

 

 

たまには息抜きも大切ですね!

 

 

 

 

悩みを持ち過ぎて、癌細胞を増やすよりも、スポーツや好きな事でストレスを発散させた方が元気でいられます。

 

 

 

 

元気のがなくなってしまったら、病気になるしかないので、気をつけたいですね!

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

 

他にもイライラ解消法などの関連記事も、是非ご覧になってみてくださいね(^_-)-☆

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました