スポンサーリンク

睡眠のゴールデンタイムと理想の睡眠時間 ぐっすり眠ってスッキリした朝を迎えましょう!

生活

睡眠は健やかな毎日をおくるために欠かせないものであり、疲労回復に効果的な食事と運動、入浴と睡眠はしっかり自己管理できると、ポジティブ思考の楽しい生活をおくることができるので、理想の睡眠時間について調べてみました。

 

スポンサーリンク

睡眠の重要性

体の疲れを取り、いろいろ考えている脳を数時間だけ休ませる行為であるので、睡眠時間はとても必要です。

 

 

 

脳は起きている間は働き続けていて、休ませてあげないと、そのまま疲労が次の日へと持ち越されてしまうので、十分な睡眠をとって体を修復し、免疫力も高めて丈夫な体を作れるように心がけたいです。

 

 

 

 

 


理想の睡眠時間

睡眠時間には個人差があり、仕事が休みの日にはお昼頃まで寝てる人もいたり、また仕事の関係で1日2~3時間くらいしか寝ていない人もいたりします。

 

 

 

午後10時から午前3時までを「睡眠のゴールデンタイム」と言い、この時間にぐっすり眠るようにすると、次の日は目覚めが良く頭の中がスッキリしてきます。

 

 

 

また疲労回復にも良く、子どもの場合には成長ホルモンの分泌を促すので成長が促進され、お年寄りの場合には老化防止効果が見込めます。

 

 

 

また女性は美容と健康のために、しっかりと睡眠時間を確保することが重要で、午後10時から午前2時頃が一番皮膚をつくり出すための代謝が活発になるので、この時間に合わせて就寝時間を設定した方が良いです。

 

 

 

 

 


睡眠の質と量

 

 

 

レム睡眠ノンレム睡眠を繰り返しながら眠っていますが、こちらも「黄金の90分間」が関係していて、深い眠りにつける時間帯があるので、質と量のバランスが重要ポイントになります。

 

 

 

レム睡眠とノンレム睡眠については、こちらをご覧ください。

 

404 NOT FOUND | 「カフェちっくな 日常会話」
お役立ち情報や最新情報を、ゆったりカフェにて毎日発信中~ 是非日常生活にお役立てください(*^-^*)

 

 

 

 

 


休みの日の寝溜めはすすめない

 

 

ぐっすり眠るために、寝る前のコーヒーやお茶などカフェインが入っている飲み物はなるべく避け、また休みの日のお昼過ぎまでの寝溜めも避けた方が良いです。

 

 

寝すぎると睡眠のリズムを崩してしまい、心身共に悪影響を与えてしまいます。

 

 

 

心臓発作を発症するリスクが高まったり、心血管疾患のリスクが高まったりもします。

 

 

 

 

 


睡眠時間が少ないのもすすめない

 

睡眠時間が少ないと、ストレスが溜まり体重が増え、血圧が上がり認知機能が低下し、免疫がなくなり鬱状態になり、運動機能も徐々に低下していきます。

 

 

睡眠が十分とれていないと、集中力がなくなるので事故に遭いやすく危険が伴うので、しっかり睡眠をとれるようにして行きたいですね。

 

 

 

 

 


理想の睡眠時間

 

年齢によって多少違ってきますが、10歳までは「寝る子は育つ」8~9時間眠ることが理想ですが、成人してからは7時間睡眠を心がけると健康的に長生きできます。

 

 

ある統計から7時間睡眠の人は、他の長時間睡眠と短時間睡眠の人と比べて、死亡するリスクが低いという結果が出ています。

 

 

 

 

 


まとめ

 

季節によっても理想の睡眠時間があるようですが、冬は気温が下がり熊も冬眠に入るので、多少7時間を超えても大丈夫のようです。

 

 

 

食事や運動と同じように、睡眠は本当に大切だということがわかりました。

 

 

 

夜なかなか眠れない人は、昼間少しだけ仮眠をとるのも良さそうですね。

 

 

 

 

美容と健康目指して、なるべく7時間睡眠ができるように心がけて行きましょう!

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました