スポンサーリンク

就活メイク「就活アイメイク」「就活マスカラ」 就活写真も清楚な印象で面接バッチリ!

仕事

就活には就活メイクは必須で、目を見て話す面接には「就活アイメイク」「就活マスカラ」がポイントとなり、また履歴書に貼る就活写真のメイクにも手を抜けないので、就活メイクのやり方などがわかったら参考になると思います。

実際に企業で面接を担当している方や、キャリアカウンセラーの方の意見を交えながら、就活メイクについて知っていきましょう。

スポンサーリンク

ノーメイクについて

メイクは最低限の身だしなみであり、普段自宅にいる状態でそのまま社会へ出勤するのは、あまり良いことではありませんと言うのは、企業でキャリアカウンセラーを担当されている方です。 

メイクはビジネスマナーとして捉える企業や事業者が多いので、ノーメイクで就活や職場へ出勤することは、悪印象を与えてしまうばかりではなく、「ちょっと変わった人」「やる気がない人」などのレッテルが貼られ、相手にマイナスイメージを与えてしまいます。

やはりこれから就活で面接を控えている人は、見た目の印象を良くし、清楚できちっとした格好で臨むことが、その会社に対する礼儀でもあり、面接官にも好印象で合格し即就職できる可能性は大きいです。


就活メイクのポイント

ガサガサなお肌は、メイクしていても目立つものなので、まずは日頃からお肌のスキンケアに気をつけることが大切です。

基本はクレンジングと洗顔で、就寝前には必ず綺麗に洗顔しましょう。

その後、化粧水や乳液などで保湿や肌のキメなどを整えていきます。

肌の状態によっては、クリームや美容液も使っていきましょう。

肌の状態を見ながら、本番当日に向けて日頃から就活メイクをやっていきましょう。


基本の就活メイク

化粧水や乳液、下地クリームなどを顔全体に塗っていきます。

今では大変便利なオールインワンなども売っているので、化粧水や乳液などの効果もあるオールインワンクリームの使用を検討してみるのも良いと思います。



顔の広範囲をカバーするファンデーションは、パウダーやリキッドタイプがありますが、肌が乾燥しているなら新しい形のミネラルファンデーションがおすすめです。

韓国発コスメの新しい形のミネラルファンデーション「クッションファンデーション」は、ファンデーションのほとんどが美容成分でできているので、肌の保湿やケアもでき、また仕上がりが綺麗です。

チークは健康的な印象を重視して、あまり濃く入れ過ぎて厚化粧にならないように、不自然な印象を与えないようにしましょう。

そしてアイメイクやマスカラは控えめにして、派手にならないよう注意しながら描いていきます。

眉の色は、髪の色よりも少し明るめのものを選び、明るくフレッシュな印象にしていきましょう。

最後にリップですが、健康的な色を選び、面接官に明るい印象をアピールしましょう。


ヘアスタイルにも工夫を

前髪は眉毛スレスレか少し上辺りにくるようにして、耳をしっかり出して表情がはっきりとわかるようなヘアスタイルがベストです。

髪の長い人は、後ろで一つにまとめるようなヘアスタイルの方が就活向きと言えます。

実際に面接官の人から見た就活メイクが、下記のサイトで紹介されています。

是非、参考にしてみてください。

面接試験対策社会人マナー就職活動のマナーメイク

就活メイクは「可愛い」じゃなくて「清潔感」がポイント!

引用:面接官のホンネ


就活メイクの重要性

社会人として、メイクをするのは身だしなみやマナーの一つで、会社説明会や面接など、その会社に就職するための意気込みが感じられるようにすることは重要です。

きちんとしたメイクで面接官に印象よく、清潔感や明るさ、また意欲的な態度などをメイクや服装でアピールしていくことは、面接でもプラスになっていきます。

会社に就職し、組織の一員となり仕事をしてく中で、身だしなみはクライアントとの接客や交渉の時も、仕事の成果を左右するものになります。

メイクに興味がない人も、自分のためではなく相手のためと理解し、自然にメイクができるように練習していきましょう。


まとめ

就活には就活メイクは必須で、目を見て話す面接には清楚に見える「就活アイメイク」「就活マスカラ」がポイントとなってくるので、絶対にノーメイクで参加しないように、日頃からメイクすることを忘れずに練習していくと良いですね。

履歴書用の就活写真も、メイクで清楚で明るい印象に写すと、好印象でポイントを稼げるのも良いですね。

実際に企業で面接を担当している方や、キャリアカウンセラーの方が、好印象に見える就活メイクについて説明しているので、それも参考に清楚で明るい印象になるように工夫していきましょう。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

美容関連記事

タイトルとURLをコピーしました