スポンサーリンク

乳がんで右乳房全摘手術 元おニャン子生稲晃子闘病生活

生活

2011年3月に乳がんの告知をされてから、2年の間に2度の再発を経験し、主治医に右乳房の全摘出をすすめられ、初めて医師の前で涙を見せた、元おニャン子クラブの生稲晃子さん。

家族にもひどくあたった時期もありましたが、全摘出をして笑顔を取り戻しました。

ある保険会社が主催された講演会へ出向き、講演会で直にお話を聞くことができました。

その時の内容をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

乳がんで右乳房全摘手術 長い長い闘病生活

2010年は仕事が忙しくて、婦人科検診を受けませんでした。

2011年1月21日に知人にすすめられて、人間ドックを受け乳がんが見つかったのです。

結果は異常ありだったので、再検査(エコー)を受け3月30日に、主治医からがんの告知を受けビックリしました。

しかし右乳房にあった腫瘍は、8ミリほどの小さなもの(ステージ1)で、5月6日に右乳房温存手術を受けて、腫瘍だけを摘出したのです。

2011年3月11日に東日本大震災があり気持ちが沈んでいましたが、当時5歳になる娘さんに生稲晃子さんから、がんのことを説明されました。

乳がんで右乳房全摘手術 放射線治療を開始

放射線治療やホルモン治療を受け、5年間薬を飲み続けたそうです。

更年期のような症状も重なり、また副作用で子宮の大きさが通常の3倍になっていました。

1年後に検査してがん再発の告知を受け、9月10日に局所再発した腫瘍の切除手術(乳房温存手術)を受けています。

乳がんで右乳房全摘手術 更年期症状が重なり

生稲晃子.jpg

更年期障害特有のホットフラッシュの辛さも重なり、いろいろと対処されたそうです。

用意したのは、タオル、扇子、汗拭きシート、保冷剤、ペットボトルケースでした。

メンソールタイプの汗拭きシートは爽快になり、100均の扇子は熱くなったらあおいで重宝したそうです。

取っておいた保冷剤をペットボトルケースに入れて、夜寝ている時に体を冷やしました。

ボトルカバー 哺乳瓶 ケース 哺乳瓶ケース 保温保冷 ペットボトルホルダー ホルダー 保冷 保温 水筒ホルダー 哺乳瓶ホルダー ベビー 出産祝い ペットボトルケース ポーチ 哺乳瓶入れ おしゃれ ボトルポーチ ペットボトル カバー かわいい /NEW-PET メール便送料無料

更年期障害にもかなり悩まされていたようです。

乳がんで右乳房全摘手術 がん再発の告知受け家族にあたる

2013年11月6日に右乳房の細胞診検査を受け、11月15日にがん再発の告知でショックを受け、主治医の前で泣いたそうです。

家族に辛くあたり、精神的にとても辛かったのです。

しかしそこから脱却することができたのです。

「右胸にありがとう・・・

       そしてさようなら・・・」

アイドル時代

乳がんで右乳房全摘手術 再び乳房温存手術を受ける

2013年11月25日に、以前と同じく電気メスの音と、皮膚の焦げた匂いに恐怖を感じながら手術を受けました。

そして12月26日の乳房全摘出手術前に、娘さんと一緒に近くの銭湯に行きました。

鏡に映った自分の体を見て、とても複雑でした。

まるでジェットコースターにでも乗っているような感覚でした。

12月26日に右乳房全摘手術のために入院しました。

そして翌日27日に右乳房全摘同時再建術(ティッシュエキスパンダーの挿入)を受けました。

右乳房を取り除いた後に、一時的に再建して同じような膨らみを造る手術もしたのです。

この手術は家計にやさしく、とても経済的で100万円位かかるところが3割負担で受けられました。

乳がんで右乳房全摘手術 年越しと新しい年を病院で迎える

年越しそばや、おせち料理の写真を見せていただきましたが、シンプルながらも工夫されていて、とても美味しそうでした。

年を越せる幸せを感じ「元旦になったら笑顔になろう!」と決めたそうです。

全摘出から徐々に体力も回復していき、切った部分を自分で確認できる日がやってきました・・・が、勇気が出なくて娘さんに確認してもらいました。

娘さんは小さいながらも芯がしっかりしていて、顔色一つ変えずに確認してくれたそうです。

そして「切った後があるね~~」としか言わなかったそうです。

次の日意を決して、自分で確認してみました。

手術の傷跡があり、乳首と乳輪が消えていました。

そして、31歳の若さで亡くなったお母さんに、心の中で「ごめんね」と謝ったそうです。

毎年、定期検診をちゃんと受けていれば、もしかしたら右乳房を失わずに済んだかもしれない・・・という思いからだったと思います。


乳がんで右乳房全摘手術 2014年1月4日に退院公表

年末年始を病院で過ごし、1月4日に退院しました。

それから3ヶ月はとても痛みがひどく、しかし家事も仕事も頑張ったそうです。

仕事は、東海テレビ「スイッチ!(火曜日)」やフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!(水曜日)」に今もレギュラー出演していて、乳がんについて公表後は、講演会活動も積極的に行っています。

6月頃から、エキスパンダーに食塩水を入れ始め、10月26日に右乳房再建手術(シリコンインプラントの挿入)のために入院し、翌日手術を受けました。

そして29日に退院し、ホルモン治療を継続し、11月10日に「女性自身」で初めて、がん闘病経験を公表しました。

乳がんについてアップしている人のブログを読んでは、随分励まされたそうです。

それから自ら、乳がんについての検診の必要性について伝えていこう!・・・と、講演会活動を始めたそうです。

乳がんで右乳房全摘手術 免疫力アップの方法

生稲晃子さんより、免疫力アップ法を教えていただきました。

1. 寝る前に1杯の水を飲むこと

2. 笑うこと

3. 深呼吸すること

笑うことについては、会場内の皆んなで声を出して大笑いしました。

微笑んで口角を上げるだけでも効果があるそうで、このNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が増えることに寄って、癌に立ち向かうための免疫力が増えるそうです。

1回笑うことで癌細胞が100個消滅するということなので、、笑ってみる価値はありそうですね?

乳がんで右乳房全摘手術 元おニャン子生稲晃子闘病生活 まとめ

普通の状態を保つことの大変さと、全てに感謝しながら生きるという目標をもって、命の大切さを実感しながら、自分に出来ることをやっていく・・・

この講演会に参加できて、本当に良かったと思います。

生稲晃子さん、ありがとうございました。

そして陰ながら応援しています。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました