スポンサーリンク

猫のトリミングの中の爪切り 使いやすい爪切り5選で猫のストレス解消!

猫の行動

猫のトリミングは猫のお手入れ全般のことで、その中でも爪切りはなかなか困難で、飼い主さんは苦労されていると思います。

爪とぎでしっかり爪を研いでくれると、周期的に爪が生え変わり爪切りの必要がないように思いますが、鋭く尖った爪を放置していると抱っこした時にかじられ血が出てしまったり、また家具などで爪を研ぐ危険性があるので、伸びてきたら爪切りをした方が良いですね。

今回は使いやすい爪切り5選で、猫のストレスがかからない良い品を紹介していこうと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

 猫のトイレのしつけはバッチリ!子猫のトイレサインで粗相解消!

 いなばチュールCMオンエアー 2タイプのハロウィンバージョンで出演ニャンコは12匹?

スポンサーリンク

猫の使いやすい爪切り5選 どんな爪切りがストレスなく切れる?

小さくて切りやすい爪切り

初心者にもおすすめで、LED搭載爪切りなので、血管の場所が見つけやすいです。

【ポイント10倍】セール中 ペット用爪切り LEDライト付き 犬猫爪切り 簡単 初心者おすすめ

ガオガオ獣医師監修のわんにゃんツメ切り

爪に優しいカーブ刃で、女性の手にも握りやすいサイズで、使いやすい爪切りです。

[正規品] ガオガオ 獣医師監修 わんにゃんツメ切りニッパータイプ 切れ味抜群 使いやすい 持ちやすい 爪切り つめ切り 爪切 ニッパー 超小型 小型犬 犬 猫 ペット

猫壱 ストレスなくスパッと切れる猫用爪切り

刃の厚さが1.5mmなので切る位置が見やすく、ストレスなくスパッと切ることができます。

猫壱 ストレスなくスパッと切れる猫用爪切り

LEDライト付きネイルトリマー爪切り

送料無料でリーズナブルな爪切りで、飼い主さんのストレスも解消ですね!

ペット用爪切り ペット 爪切り つめ切り ペット 犬 猫 爪切り 高輝度 LEDライト付き ネイルトリマー ピンク (管理C) 送料無料 【SK18561】

ペティオnecocoカーブつめ切りストッパー付

深ヅメ防止ストッパー付で、約2ミリずつ切れるので失敗しにくい猫用爪切りです。

丸い刃でツメを囲い込みながらカットするので、爪割れしません。

ペティオ necoco カーブつめ切り ストッパー付 関東当日便

猫の使いやすい爪切りの補助商品

グルーミングハンモック ヘルパー

猫の足を穴に入れフックを使って吊るし、猫の動きを止めてから爪を切ることができるので、危なくなくじっくりと爪切りすることができます。

グルーミングハンモック 猫 犬 ペット用 拘束バッグ ヘルパー 猫犬トリミング爪 ペット用 自宅ケア けが防止 いぬ ねこ ネコ ペット キャット トリミングハンモック ペット美容 ヘルパー 自宅でのお手入れに 爪切り トリミング 歯みがき 目薬 服薬など

猫爪切り噛み付き防止手袋

爪切りの時に、この手袋をはめると噛んできても大丈夫です。

そのまま爪切りを終えることができるので、助かります。

Tolacos 作業手袋犬 噛みつき 防止 手袋 猫 爪切り動物用ペットトレーニング用噛み付き防止手袋 ペットグローブ 長くて厚い安全手袋 爬虫類保護手袋 犬 猫 園芸 耐摩耗性 耐熱性 ロング

猫用フェイスマスク

爪切りで大暴れする猫ちゃんも、見えないから怖くないし、飼い主さんも怪我せず爪が切れるので助かります。

送料無料メッシュ素材 猫用 フェイスマスク マスク 爪切り補助具 爪切り 猫用 アイマスク キャット マズル 口輪 保護マスク 目隠し マスク 耳掃除 噛み付き防止 お手入れ品 ペット用品 介護ケア 爪ケア用品

猫のトリミングの中の爪切り 使いやすい爪切り5選で猫のストレス解消!まとめ

猫のトリミングは猫のお手入れ全般のことでしたが、その中でもなかなか切らせてくれない爪切りについて、ストレス解消になるものを調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?

爪切りには、LEDライトで手元を照らせるものや、コンパクトで女性でも握りやすかったり、ハンモックで猫ちゃんが行動できないようにしてから、ゆっくり爪切りができる便利グッズなどがありました。

上手に組み合わせて、事故のないようにやっていきたいですね。


こちらの猫の行動についても、読んでみてくださいね!

https://www.artwave7.com/archives/category/猫の行動

 

(=^x^=)家族の健康を守るために、人気ペット保険のご紹介です。

ペット&ファミリー損害保険やペットメディカルサポートは、保険金をスムーズに支払ってくれるので、とっても安心!

保険料が高くなる10歳以上になっても、終身で継続できます。

検査や処置費用が30,000円のところ、25,000円の戻りがあり、かかった費用はわずか5,000円のみ。(事例、症状により異なります。)

いつでも病院で、診てもらえる環境作りは大切です。

今からでも愛猫ちゃんのために、準備してみてはいかがですか?

 

資料請求はこちらからどうぞ!!

ペット保険の資料一括請求サービス

タイトルとURLをコピーしました