木下藤吉郎・猿(ムロツヨシ)とお市の方(北川景子)が登場!どうする家康第4話は瀬名から助けての手紙が・・・ - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

木下藤吉郎・猿(ムロツヨシ)とお市の方(北川景子)が登場!どうする家康第4話は瀬名から助けての手紙が・・・

大河ドラマ2023

どうする家康第4話「清須でどうする!」では、木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が織田信長の猿(ムロツヨシ)として、また信長の妹である、お市の方(北川景子)も登場し、駿河にいる瀬名から助けての手紙が届き、ますます松平元康(松本潤)を苦しめる要因が揃ったのです。

今川氏真(溝端淳平)に人質のようにされている、瀬名(有村架純)や両親の安否も気になる元康(徳川家康)です。

 どうする家康第3話「三河平定戦」とは?1月22日放送で元康16年ぶりの再会が果たされ新たな問題が・・・

スポンサーリンク

どうする家康第4話「清須でどうする!」木下藤吉郎・猿(ムロツヨシ)が登場!

織田信長の攻撃を避けるために、元康は家臣たちの意見を聞き、織田信長に寝返ってしまい、信長は自分の兄も同然の人だと、自分に口から言うまでになってしまいました。

信長の周囲をチョロチョロと猿のように動き回っているのが、信長の後に天下統一を果たした豊臣秀吉で、木下藤吉郎を名乗っていました。

ムロツヨシさん演じる藤吉郎は、人の動きをよく見ていて、織田信長に服従しているように見せているけれど、どこか信用おけないところが、さすが演技が上手だと思いました。

3人はここで会っていたんですね!

  • 織田信長「鳴かぬなら、殺してしまえ、ほととぎす」
  • 豊臣秀吉「鳴かぬなら、鳴かせてみせよう、ほととぎす」
  • 徳川家康「鳴かぬなら、鳴くまで待とう、ほととぎす」

それぞれの武将が詠んだ句ですが、秀吉は根気強いことがわかります。

だからチョロチョロと情報収集に回り、この時から自分が頂点に立つ日を心待ちにしていたのかもしれませんね!

どうする家康第4話「清須でどうする!」お市の方(北川景子)が登場!

織田信長の妹であるお市の方(北川景子)と再会した元康(松本潤)でしたが、信長と元康が相撲をして、今回は元康が勝って、その後に木製の薙刀を手にした仮面武者と対戦し、それがお市の方(北川景子)で信長の妹でした。

お市の方(北川景子)は、子ども時代に元康に川で溺れていたところを助けられ、それから元康のことを一途に想い続けてきました。

それは兄の信長も知っていて、元康に妹と結婚するように勧めます

どうする家康第4話「清須でどうする!」瀬名から助けての手紙が・・・

駿河では、今川氏真(溝端淳平)に人質のようにされている瀬名(有村架純)が、側室でもない夜の相手にされるところでした。

元康のお守り(白兎)を持っていた瀬名に逆上した氏真は、瀬名の手を斬りつけ、血文字で助けての手紙を書いたのです。

 どうする家康見逃し第2話「兎と狼」臆病な白兎が虎に進化する〜三河岡崎に帰る

「どうする家康」第3話は苦渋の選択!今川と瀬名を裏切り元康は織田信長に寝返った?

織田に寝返った元康に対する仕返しのために、瀬名が使われたのかもしれません。

その文字を見た元康は、怒りで今川を攻め落とし、瀬名や我が子を救い出すことを決めるのです。

片想い中のお市の方(北川景子)は、自ら身を引き、理由は軟弱な男は断ると言うことでした。

「それで良いのか?」と兄・信長に言われて、頑なに元康のことを考えるお市の方様だったのでした。
 

木下藤吉郎・猿(ムロツヨシ)とお市の方(北川景子)が登場!どうする家康第4話は瀬名から助けての手紙が・・・まとめ

どうする家康第4話「清須でどうする!」では、木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が織田信長の猿(ムロツヨシ)として、また信長の妹である、お市の方(北川景子)も登場し、駿河にいる瀬名から助けての手紙が届き、松平元康(松本潤)は瀬名を救い出すために駿河へ向かうことを決心しましたね!

今後どのような展開になっていくのか、ますます楽しみになってきました。

 大河ドラマ2023「どうする家康」徳川家康公ゆかりの駿府城公園と静岡の街について

https://www.artwave7.com/archives/category/大河ドラマ2023

https://www.artwave7.com/archives/category/芸能