どうする家康15話「姉川でどうする!」長政のことが大好きな家康が信長についたのは? - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

どうする家康15話「姉川でどうする!」長政のことが大好きな家康が信長についたのは?

大河ドラマ2023

家康の言動に家臣たちも落ち着かない様子で、義兄の織田信長を討とうと浅井長政の軍勢が迫っている中、徳川家康はまたしても信長につくか長政につくか迷っていました。

ようやく決断した結果と、長政につきたいと思った理由とは?

そして信長が家康に渡した賄賂(ワイロ)とは?

引用:ツイッター

 どうする家康14話「金ヶ崎でどうする!」お市の侍女・阿月が金ヶ崎へ向かう〜

スポンサーリンク

どうする家康15話「姉川でどうする!」放送日時・出演者

  • 放送日時:4月23日(日)20:15〜21:00
  • 放送局:NHK

出演者

松本潤,有村架純,大森南朋,山田裕貴,杉野遥亮,音尾琢真,小手伸也,岡部大,甲本雅裕,板垣李光人,岡田准一,阿部寛, 北川景子,吉原光夫,酒向芳,大貫勇輔,田辺誠一,橋本さとし,古川琴音,柴田理恵ほか

原作・脚本:古沢良太

どうする家康15話「姉川でどうする!」番組内容

金ヶ崎の激戦では、木下藤吉郎(ムロツヨシ)後の豊臣秀吉と、徳川家康(松本潤)が命からがら生き延び、サル(藤吉郎)は、全て自分の手柄だと血糊代わりに果物の赤い汁を顔に塗り、織田信長(岡田准一)に報告しました。

その猿芝居の一部始終を見ていた家康は、呆れて言葉も出ない様子です。

信長は天下統一を果たすために、朝廷へも呼びかけ味方につけ、自分に従わない者は排除しようとしていました。

これがあれば安心ですね♪

パンパース オムツ パンツ さらさらケア(4個)【パンパース】[さらさらケア]

それを知った信長の義弟・浅井長政(大貫勇輔)は、信長を討ち取ろうと、軍勢を率いてすぐそこまで来ていました。

信長は家康に、浅井・朝倉討伐の先陣を申し付けられ賄賂(ワイロ)として金平糖が入った入れ物を渡されます。

引用:ツイッター

結婚式のプチギフトにも かご付き花ひろば(金平糖) 50gx20個入(バレンタイン ホワイトデー お雛祭り お祭り かわいい おもしろ 大量 七夕)

家康は一度、瀬名や子供たちの元に戻り、金平糖を配り喜ばれますが、すぐに出陣しなければならなく、瀬名とまた離れることになり、行きとうない・・と駄々をこねています(笑)

そんな時、浅井長政より、

「ともに信長を討ち取ろう」

と書かれた密書が届きます。

姉川を挟んで両軍が向き合った状態で、家康はどちらにつくべきかを悩み始めます。

家臣たちも両方の意見に分かれ、今なら信長を倒すことができると言う者と、信長を倒した後は武田信玄(阿部寛)との戦いになると先のことを案じて、信長についた方が良いと言われ、頭をかかえます。

そんな中、信長から家康陣へ銃弾が撃ち込まれ早く出陣しろ!と催促されたのです。

そして結局、家康は信長についたのです。

 どうする家康13話「家康、都へゆく」バカ殿のような足利義昭と抜かりない明智光秀

どうする家康15話「姉川でどうする!」長政のことが大好きな家康

家康は長政から密書が届いた時に、長政につきたいと思っていました。

それは、長政が誠実な人間だということを知っていたからです。

そして家臣に決断を迫られた時も、ワシは長政のことが好きじゃと言ったのです。

確かに誠実で前向きで、信長の妹・お市(北川景子)の夫であり、憧れの存在だったのかも知れません。

結果的に信長についた家康ですが、戦いで淺井軍は敗北したけれど、長政は生き延びお市の元へ帰りました。

【楽天】冠婚葬祭用スーツ男女 突然の出来事に備えて・・・

家康が逃したのです。

お市は覚悟を決め、自分の兄・信長と戦うことを誓うのでした。

家康は長政のことを慕っていて、きっと同志のように思っていたと思います。

そんな淺井長政役の大貫勇輔さんについて、調べてみました。

浅井長政役・大貫勇輔さんのプロフィール

出典:gooランキング

  • 名前:大貫 勇輔(おおぬき ゆうすけ)
  • 生年月日:1988年8月31日
  • 職業:ダンサー、俳優
  • 出身地:神奈川県座間市
  • 身長:180cm
  • 体重:79kg
  • 所属事務所:ホリプロ
  • 趣味:旅行、映画鑑賞
  • 特技:アクロバット
  • 配偶者:沙央くらま (2021年から)
  • 出演映画:KAPPEIカッペイ、 劇場版ルパンの娘、 仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル
引用:ウィキペディア

どうする家康15話「姉川でどうする!」長政のことが大好きな家康が信長についたのは?まとめ

またまた家康は土壇場で、迷っていて家臣たちも落ち着かない様子でしたね?

タイトル通り、どうする?家康、殿早くご決断を!って感じでしたね(笑)

義兄の織田信長を討とうと決意した浅井長政は、やはりカッコいい存在ですね。

自分の命よりも、世の中のことを考えての行動なので、応援したくなる家康の気持ちもわかります。

しかし長政のことが好きだと、ストレートに言っているところは、家臣でなくても呆れてしまいますね?(笑)

本当に家康が天下統一を果たしたことが不思議で、成り行きのような気がしてきました。

周りが戦に敗れて亡くなり、残ったのが家康だったという方が、この大河ドラマの流れからすると、自然の結果な気がしてきます。

次回も流れで、またまた困った事態になりそうです。

ということで、引き続き読んでみてくださいね↓

 どうする家康16話「信玄を怒らせるな」長尾謙杜が松平源三郎勝俊役で熱演!


https://www.artwave7.com/archives/category/大河ドラマ2023