紅白歌合戦でのけん玉チャレンジ!三山ひろしさんと豪華メンバーが目指す新記録は? - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

紅白歌合戦でのけん玉チャレンジ!三山ひろしさんと豪華メンバーが目指す新記録は?

芸能

今年の大晦日、NHKホールで開催された第74回NHK紅白歌合戦において、演歌歌手の三山ひろしさんが中心となり、けん玉のギネス世界記録に挑戦しました。

この挑戦は、多様なジャンルと世代を代表する豪華なメンバーが集結し、音楽とは異なる形で視聴者に感動を与える一大イベントとなりました。

2017年の初挑戦以来、2018年に成功、2019年に失敗した後、3年続けての成功を達成しています。

ここでは、その挑戦の様子と、けん玉チャレンジが紅白歌合戦に与えた影響について詳しく見ていきます。

5【送料無料】 全8色!競技用けん玉 山形工房 大空 日本けん玉協会認定 けん玉 kendama ケンダマ お家時間 子ども 小学生 競技用けん玉 シニア 6歳 玩具 学童保育 保育園 放課後児童クラブ 父の日 知育玩具 スポーツ クリスマス プレゼント

スポンサーリンク

三山ひろしさんのけん玉チャレンジの歴史と2023年の挑戦

三山ひろしさんは、これまでにも紅白歌合戦で、けん玉のギネス世界記録に挑戦していて、2023年で4年連続の成功を目指しました。

過去の挑戦では、127人が連続してけん玉をキャッチし、最長列の記録を達成しています。

2023年の挑戦では、128人のメンバーが集結し、さらなる偉業を目指しました。

この挑戦は、音楽の枠を超えたエンターテイメントとして、多くの視聴者の注目を集めています。

三山さんは29日の取材で、

「年末の大仕事を成し遂げ、15周年を締めくくりたい」

と意気込んでいられました。

第74回紅白歌合戦のテーマは?

番組のテーマは「ボーダレス-超えてつながる大晦日-」で、コロナ禍や戦争、自然災害などの不安定な時代に、音楽の力を表現しました。

司会は有吉弘行さん、橋本環奈さん、浜辺美波さん、高瀬耕造アナウンサーが務めました。

ゲスト審査員には、元車いすテニスの国枝慎吾さん、陸上女子やり投げの北口榛花さん、俳優の堺雅人さん、寺島しのぶさん、吉高由里子さん、歌人の俵万智さん、お笑いタレントのバカリズムさん、ウクライナ国立歌劇場バレエの芸術監督・寺田宜弘さんが「今年の顔」として登場しました。

豪華メンバーの参加とその影響

2023年のけん玉チャレンジには、SEVENTEENのVERNONさん、DJ KOOさん、タイムマシーン3号の山本浩司さんと関太さん、パンサーの尾形貴弘さん、緑黄色社会の穴見真吾さんなど、多様なジャンルと世代の著名人が参加しました。

これらの参加者は、けん玉チャレンジを単なるパフォーマンスではなく、多様性と協力の象徴として位置づけ、紅白歌合戦の新たな魅力を創出しました。

引用:ツイッター

挑戦の結果と今後の展望

三山ひろしさん率いるチームは、2023年も見事にギネス世界記録を達成しました。

しかし、途中での失敗や判定に関する疑問も浮上し、一部で議論が起こりました。

番組開始後、尾形さんが早々に失敗しましたが、特別ルールにより再スタート。

16人目で落としたかと思われた場面もありましたが、最終的に三山さんが成功させ、ギネスの公式判定員から認定を受けました。

引用:ツイッター

しかし、ネット上では「これは大丈夫なのか?」といった声や、16番目で落ちた疑惑に対する現場確認と協議が行われていました。

これらの出来事は、けん玉チャレンジが単なる記録挑戦以上の意味を持つことを示しており、今後も紅白歌合戦の重要な一部として期待されています。

紅白歌合戦でのけん玉チャレンジ!まとめ

三山ひろしさんを中心としたけん玉チャレンジは、紅白歌合戦に新たな風を吹き込み、多くの人々に感動を与えました。

この挑戦は、音楽の枠を超えて多様性と協力の精神を示し、視聴者に新たな楽しみを提供しました。

今後もこのようなユニークなパフォーマンスが、紅白歌合戦の魅力を高め続けることを期待しています。

https://www.artwave7.com/archives/category/芸能