スポンサーリンク

憂鬱でたまらない・・・これは「うつ病」なの? 体の痛みもあるから専門医に相談し、カウンセリング も受けてみた

生活

心から元気の「気」がなくなると、憂鬱で心が沈んだり、引きこもって人と会話できなくなったり、体調不良が続いたりと、自分では解決できないほどの辛いことが、次から次へと舞い込んできて、メンタル面での専門医や内科医に相談したり、カウンセリングを受けたりして、原因追求や薬の投与で気持ちを落ち着かせたり、その辛さをカウンセラーに訴えることによって、少しずつ回復していける段階的ものが今は存在しています。

 

うつ病とは、誰でもなる可能性があるこころの症状でもあり、からだの症状が現れ傍から見ると怠け癖があるとか、言い訳ばかりして仕事しないとか、なかなか周囲からは理解してもらえず、ますます落ち込んでしまい、その日の気分で悪化してしまうこともあるのです。

 

スポンサーリンク

憂鬱=うつ病?

 

憂鬱の状態が続き、元の元気だった状態に戻れないのには何か問題があります。

 

 

 

その問題にフォーカスして、勇気をだして解決することができれば、気持ちも晴れて憂鬱な状態から解放されます。

 

 

 

問題が解決して悩みが吹き飛べば、元の生活に戻ることができるので、この場合はうつ病とは言えないですね。

 

 

 

うつ病とは、一つの問題がかりに解決したとしても、次から次へと問題が沸き起こってきて、いつも不安で不安でたまらない状態で、やがて恐怖となって夜も眠れなくなり、そのうち食事も喉を通らなくなっていくという、元気を奪い取られてやがて廃人のように感情が欠落していく状態になっていくのです。

 

 

 

憂鬱だと思っている人全てが、うつ病になるわけではないので、とにかく栄養のつくものを食べて、楽しいことを探して気晴らしをして、悩んでいる頭を開放してあげることが重要です。

 

 

 

 

ノイローゼ(神経症)やうつ病については、こちらをご覧ください。

 

https://www.artwave7.com/3520.html

 

 

 

 

 


専門医に相談し、カウンセリングも心の片隅に・・・

 

一人で悩まないよう、悪化しそうだなぁ〜と思った時には、精神科や心療内科などの専門医の先生に診てもらうことや、カウンセリングルームを訪問してみるのも良いと思います。

 

 

やはり家族や友達、職場の同僚に相談してみることも大切ですが、専門家はそれぞれの症状にあった処方をしてくれるので、早くよくなる可能性は大きいです。

 

 

しかし長いこと心療内科などに通っていても、一向によくならない場合は、主治医の先生との相性もあると思うので、自分が病院に行きたくないなぁ〜と思った時には、無理に通う必要はなく、他の病院を受診して、自分に合った病院を見つけることが良いと思います。

 

 

 

その他、どうしても薬でも治療ができない場合には、カウンセリングを考えてみるのも良いと思います。

 

 

 

家から一歩も出れなくて、対面式のカウンセリングができない場合は、メールカウンセリングや今はオンラインでもカウンセリングが受けられるので、一度利用してみるのも良いですね。

 

 

 

今まで見えてこなかったことが見えてきたり、気づきで自分自身改善できたりと、収穫は必ずあります。

 

 

 

考え方を少し変えてみるだけでも、心が軽くなってきます。

 

 

 

メールカウンセリングは、お手軽に相談できるのでおすすめです。

 

 

 

 

カフェでお悩み相談、カウンセリングルーム

 

日常生活に起こった問題などを、是非ご相談してみてくださいね。

↓  ↓  ↓

 

vivre(生活)カウンセリングルーム

 

 

 

 

 


まとめ

 

ここのところ心に悩みを抱えている人が急増しています。

 

 

 

日常生活の中で、次から次へと問題が浮上し、問題を解決していくうちに新たな問題が浮上してくるので、心身共にボロボロになって、身動き取れなくなってしまうのです。

 

 

 

これは皆んなが皆んなそうであって、なんで自分だけ?とつい思いがちですが、皆んなもそれぞれ違う悩みを持っていることを忘れなければ、気持ちがだんだん楽になってきます。

 

 

 

一人で抱え込まずに、まず誰かに相談することをしてみてくださいね。

 

 

 

相談することも勇気のいることですが、自分の前に立ちはだかっている壁を崩すための第一歩として、チャレンジしてみてください。

 

 

 

きっと、素敵な未来が開けてきますよ^ ^

 

 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました