スポンサーリンク

マインドセットやマインドフルネスのやり方と、モチベーションとマインドの違い

心理

マインドセットマインドフルネスという言葉を最近よく聞くようになり、ポジティブ思考やネガティブ思考、そして潜在意識など普段あまり考えないで通り過ぎている世界で、モチベーションが急激に下がり、鬱に近い状態で苦しんでいる人達も少なくありません。

モチベーションとマインドセットや、マインドの違いなど、まだまだ知らない心理学的分野が存在しているので、マインドや心理学について少し学んでいこうと思います。

スポンサーリンク

マインドセットやマインドフルネスのやり方と、マインドセットやマインドフルネス

「マインド」とは、心や精神を示す言葉で、マインドを保っていると普通に社会生活が送れるけれど、あることがきっかけで「マインド」が落ち込んでしまうと、なかなか浮上できない状態になります。

マインドセットは2つのタイプがあり、「成長型」の方は、状況を前向きに捉えることで現状打破のための策を導き出そうとし、「停滞型」の方は、思考が停止した状態になり、その場にとどまったり諦めの境地に陥ったりすることで、マイナス思考の人に多いです。

日常生活や仕事で必要なのは、「成長型」のマインドセットということになります。

マインドセットとは、今までの経験や教育からくる思考パターンで、固定化された考え方のことで、無意識の思考のクセや昔からの固定観念、思い込みなどを意味しています。


MIND OVER MONEY―――193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実

なぜ人間は、正しくお金を使えないのか? メンタリストDAIGOが語る熱い内容です。

モチベーションを上げてメンタル強化! ヘルスケアサービスで悩み相談・精神相談

マインドセットやマインドフルネスのやり方と、モチベーションとマインドセットの違い

簡単に言えば、モチベーションは一時的なことで、マインドセットは継続的にあるということです。

仕事で良い成果が出てモチベーションが上がるというのは、気持ちが浮上している状態を表すもので、一時的に仕事が上手くいって嬉しい気持ちを表していますが、時間が経つにつれてその時の感情が薄れていき、不運な出来事によりまた下がってしまいます。

マインドセットの良い例は、感情に捕らわれることなく、その場その場の出来事で捉え方が違うので、どんなことがあってもブレルことなく高いパフォーマンスを保つことです。

マインドセットでは、全ての出来事が自己責任に繋がるので、問題が起こる度に改善策を打ち立てていくことになるので、強い意思を持つことになります。

マインドセットがしっかりしている人は、仕事でも成功者であり、どんなことがあっても改善しながら先に進んでいけるので、強いモチベーションを持つことよりも、継続的に乗り越えていかれるマインドセットを持つ方が効果的です。

お金儲け2.0 手堅く1億円稼ぐ7つの最新手法

RS 新紙幣 1000万円 札束 ダミー お札 メモ帳 おもちゃのお金 ジョークグッズ おもしろグッズ プレゼント

100万円を元手に、錬金プロジェクトで増やせるのか? 夢を叶えるためのチャレンジ!

マインドセットやマインドフルネスのやり方と、マインドセットやマインドフルネス

現在起こっていることに注意を向ける心理的な過程であり、瞑想およびその他の訓練を通じて発達させることができます。

マインドフルネスの語義として、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」といった説明がされることがあります。

東洋では瞑想の形態での実践が3000年あり、仏教的な瞑想に由来していて、現在マインドフルネスと呼ばれる言説・活動・潮流には、上座部仏教の用語の訳語としてのマインドフルネスがあり、この仏教本来のマインドフルネスでは、達成すべき特定の目標を持たずに実践されます。

引用:ウィキペディア

マインドセットやマインドフルネスのやり方と、瞑想のやり方

椅子や床に座り背筋を伸ばし、呼吸に意識向けます。(フォーカスします)

肩の力を抜いて、目は閉じるか半目にして、ゆったりと自然に呼吸をしながら意識を呼吸だけに向けます。

腹式呼吸をなるべくし、空気が入ったり出たりするのを感じられる部分に意識を向けながら、空気が体に入ってくる時の感覚や出ていく時の感覚を感じます。

途中で他の考えが浮かんできても、意識を呼吸に戻していきます。

最初は5分くらいから始めて、徐々に瞑想する時間を延ばしていけると良いです。

マインドセットやマインドフルネスのやり方と、瞑想の利点

2ヶ月ほど継続すると、集中力が上がり、感情のコントロールがしやすくなり、以前より頭が冴えるようになり、適切な判断能力がつくようになります。

行動の切り替え時や、起床後に行動する時など、行動のオンオフ時に瞑想を取り入れていくと、感情のコントロールもできてマインドフルネスがしっかりできるようになります。

ブレインダイブは「心理学」と「コールドリーディング」でブレインダイバーが脳に潜り込む

マインドセットやマインドフルネスのやり方と、モチベーションとマインドの違い まとめ

「モチベーション」や「ネガティブ」や「ポジティブ」は、よく耳にする言葉ですが、最近は「マインド」という言葉をよく聞くようになりました。

マインドは単独では使わない言葉らしく、マインド○○となります。

マインドセットマインドフルネスなど、継続的に自分の中で存在していくもので、いつでも成長しようとポジティブに考えている人は、何をやっても成功するのです。

瞑想しながら、成長型のマインドセットを身に付けられると良いと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。


只今、人気急上昇中~ 「王様ランキング」を是非ご覧になってみてください。

Amazonプライム・ビデオ30日間、無料視聴でお楽しみいただけます^^

タイトルとURLをコピーしました