スポンサーリンク

たるみ・シミ・シワに集中ケア 「フォトフェイシャルM22」の効果は?

美容と健康

フォトフェイシャルはレーザーフェイシャルと違い、たるみやシミ・シワに効果があるだけではなく、ツヤ・ハリにも直接的に効くので、30代40代の人には大変人気があり、光治療「フォトフェイシャルM22」の効果を実感しようと、美容外科や美容クリニックに通う人が増えています。

美容に悩む若者たちは、広い範囲に対応しているフォトフェイシャルに興味があるようで、ニキビ治療や毛穴の開き改善、シワやたるみやシミとり効果などに期待をかけて治療しています。

今は一昔前と比べて夏の日差しが強くなり、容赦なく紫外線が降り注いでいる状態です。

車の運転中もフロントガラスの隙間から紫外線が入り込み、室内にいてもカーテンなどの隙間から侵入してくる紫外線を浴びることがあるかもしれません。

女性にとって美容はいつでも気になる存在だと思います。

そこでフォトフェイシャルについての効果や、メリット・デメリットなどを調べてみました。

スポンサーリンク

フォトフェイシャルの効果と注意点とは?

広範囲の治療ができるフォトフェイシャル

フォトフェイシャルは広い範囲の治療を一度にでき、シミ・シワ・ハリ・ツヤ・ニキビ、そして毛穴の開きや色素沈着などにも効果が見られます。

また、くすみなどにも作用するので、お肌のトーンアップにも効果があります。

治療後はなるべく日に当てないように注意して、美容クリニックから出される化粧水を付けて様子をみる必要があります。

治療した箇所は皮膚が薄くなっている状態で、そこにまた紫外線を当てると炎症を起こし、以前よりも症状が悪化する可能性があるので、治療後のアフターケアは必要になります。


フォトフェイシャルのメリット

メリットとしては文頭にもあったように、広い範囲で治療できるので、シミ対応、シワ対応の他に、くすみやハリやツヤなどにも効果が見られます。

レーザー治療と比べてもソフトな治療法なので、ストレスなどは軽減され、気持ちのリスクは抑えられます。


フォトフェイシャルのデメリット

続いてデメリットですが、光を肌に照射して光熱を発生させて治療効果を上げる熱灼作用による治療なので、肌を広い範囲で焼いている状態になります。

なのでフォトフェイシャル治療後に、すぐ野外活動をしたりスポーツしたりすると、肌が炎症し色素沈着により以前よりも症状が悪化してしまう可能性があります。

暫くは野外活動は控えるようにして、出がけには必ずつばの広い帽子や日傘などで、紫外線からお肌を守ることが大切です。

またレーザー治療とは違い、メラニンを破壊せずに広範囲に弱い光を照射する治療法なので、効果が出るまでに時間がかかり、何度も治療する必要があります。

広範囲の薄いシミを取り除く、美顔を目的にした人には向いていますが、集中ケアには向いていないのがデメリットとなります。


「フォトフェイシャルM22」の特徴

様々な肌質に合わせた光治療「フォトフェイシャルM22」は美顔治療器として厚生労働省より薬事承認を受けていす。

IPL(光治療)の中でも「フォトフェイシャルM22」は、治療の最新バージョンで全世界で爆発的な人気です。

その理由は、先端に取り付けられたフィルターが6種類の波長を持ち、個人個人に合わせたシミの濃さや色を判別し、分析された結果から治療に臨むことができるからです。

そして何度も治療を重ねていくうちに、レーザー治療では得ることができない美肌効果(ハリ・ツヤ・毛穴の開き、シワ、たるみ改善)を体感することができることも、「フォトフェイシャルM22」の人気の秘密です。


まとめ

フォトフェイシャルは、広い範囲に対応している美顔治療で、たるみやシミ・シワに効果があるだけではなく、ツヤ・ハリにも直接的に効くので、30代40代の人に大変人気がある理由がわかりました。

光治療「フォトフェイシャルM22」の効果も気になるところです。

夏の日差しが強くなっているので、今後ますます美容に悩む若者は増えていくことと思います。

美容界でも技術は進歩しているので、自分が納得のいく治療ができるようになってくると思います。

美肌効果、美顔効果が手軽に実感できるようになると良いですね。

おうちで美顔器ケアもありだと思います。

美顔器については、こちらも参考にしてみてください。

「美顔」ツヤ、ハリに美顔器のレンタルサービスが? 

40代50代60代「たるみ・シワ」解消!

引用:カフェちっくな日常会話

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

美顔ケア関連記事

タイトルとURLをコピーしました