スポンサーリンク

ウマ娘「豪脚 」の発動条件と読み方・意味は?チャンミの評価ともらえるサポカについて

ウマ娘

ウマ娘「豪脚 」発動条件も気になりますが、豪脚の読みと意味、そしてチャンミ(チャンピオンズミーティング)での評価と、もらえるサポカ(サポートカード)についても知りたいところです。

ウマ娘プリティーダービーのゲームを始めた人向けへの解説になります。

一緒にゲームタイムを楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク

ウマ娘「豪脚 」の発動条件と読み方・意味は?

ウマ娘プリティーダービーでは、ゲームのルールやどんなウマ娘たちがいるのか、ウマ娘たちの特徴や特性など、いろいろと知っておくことが多いです。

「豪脚 」の読みと意味から調べてみようと思います。

豪脚(ごうきゃく)

猛練習しているわけでもないのに、またちょっと練習しただけなのに、レースに出ると高確率で入賞してしまうという、常に先頭にい続けることができるポテンシャルの高い人(ウマ娘)のことを言います。

ウマ娘では、レース終盤または順位が50%以下の場合に「豪脚」発動します。

⇒【楽天】レディースシューズいろいろ

チャンミなど実力が近い相手と戦う場合には、終盤まで後ろにいることが多く、ただ走らせるだけで発動できます。

しかし、相手が弱いウマ娘が多いレースや競技場では、終盤までに先行などを追い抜いて前へ行ってしまうこともあるので、発動が安定しないことがあります。

ウマ娘「豪脚 」の発動条件とフェーズの意味とチャンミの評価について

「豪脚 」発動条件としては、チャンミでは6位 ~ 9位で、レースの距離はマイルで、該当フェーズは終盤で、順位の割合は50%より下になります。

ウマ娘のレースの進行度合いはセクションで管理していますが、さらに大きな括りになることが「フェーズ」と言います。

セクションが24個あり4つの括りで6個になり、またこの6個を大きく括るとフェーズになります。

  • 1〜16セクション:序盤中盤
  • 17~20セクション:盛り上がってくるところ
  • 21~24セクション:ラストスパート

チャンミの評価についてですが、距離は短距離・マイル・中距離・長距離のうちマイルで、ダートなので豪脚が必要になり大変です。

普通のコースは芝なのですが、ダートは未舗装路で土や砂が敷かれた道なので、ダート適正のあるウマ娘を育てる必要があり、チャンミ前のトレーニングがハードになること間違いないです。



ウマ娘「豪脚 」の発動条件とレース編成について

逃げや先行との同時編成がおすすめになります。

豪脚を習得させたウマ娘で、チャンミや競技場に出走する場合には、逃げや先行のウマ娘2人と同時に編成するのがおすすめになってきます。

逃げや先行ウマ娘が多いほど、終盤での発動タイミングの順位が下がって、豪脚の発動条件を満たしやすくなります。

また「乗り換え上手」を同時に習得するのも強力です。

レースの作戦が差しの場合は、乗り換え上手を同時に習得させるのもおすすめです。

豪脚と発動条件が一致しているので、どちらも発動すれば加速力が一気に上がり周囲を圧倒させます。

 ウマ娘「乗り換え上手」での発動条件とは? タイミングよく発動してほしい!

ウマ娘「豪脚 」の発動条件と所持サポートカード

オグリキャップSSRで「愛してもらうんだぞ」のサポートカードが、ガチャで入手可能です。

出典:ウマ娘攻略wiki

相性の良い適性は、先行 / マイルになります。

⇒【楽天】ウマ娘サポートカード♪ たくさん集めちゃおう!


グラスワンダーSSRで「千紫万紅にまぎれぬ一凛」のサポートカードが、ガチャで入手可能です。

出典:ウマ娘攻略wiki

相性の良い適性は、差し / マイルになります。

 ウマ娘の成長率をサポート! グラスワンダーの成長率と育成論

ウマ娘「豪脚 」の発動条件と読み方・意味は?チャンミの評価ともらえるサポカについて まとめ

ウマ娘「豪脚 」発動条件や、豪脚の読みと意味、そしてチャンミ(チャンピオンズミーティング)での評価と、もらえるサポカ(サポートカード)についても説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

より身近に、ウマ娘プリティーダービーのゲームを感じられたと思いますが、発動条件はどんな時にも必要で、発動するタイミングも合わないと、せっかくサポカ獲得のためにガチャを回しても、虚しい結果に終わってしまいます。

そのためにはルールを確認しながら、一緒にゲームを楽しんでいきましょうね^^


【楽天】お買い物マラソンは本当にお得なのか?5と0のつく日とどっちがお得?


こちらもお見逃しなく!!

https://www.artwave7.com/archives/category/ウマ娘

タイトルとURLをコピーしました