着衣着火の原因になりやすい素材とは? 「表面フラッシュ現象」を未然に防ぐ - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

着衣着火の原因になりやすい素材とは? 「表面フラッシュ現象」を未然に防ぐ

お役立ち情報

溶接作業やガスコンロを使った調理中は、着衣着火の原因になりやすいので、安全で引火しにくい素材の服などを、なるべく着用し、「表面フラッシュ現象」を未然に防ぐことが大切です。

宇都宮市の芸術大学で起きた着衣着火は、作品制作のために鉄板を切断する鉄板切断カッター「グラインダー」の火花が、衣服に飛び移り燃え広がってしまい、着衣着火の事故は起こりました。

その時は、燃え移りにくい素材の服を着用していたにも関わらず、着衣着火が起こってしまったので、中には例外もあるようです。

 着衣着火の事例 芸術大学学生が作品制作中に衣服へ引火し、着衣着火の事故

スポンサーリンク

着衣着火の原因になりやすい素材とは? 「表面フラッシュ現象」に注意!

「表面フラッシュ現象」は、着衣に引火して、一瞬にして火に包まれる現象を言うのですが、まずは引火する恐れのある作業には、着衣の素材に注意することが必要です。

特に燃えやすい、綿やレーヨンなどの素材の着用には、注意したほうが良いです。

また、冬場のパジャマに使われることが多い、起毛の生地などは、火が一気に広がる「表面フラッシュ現象」になる危険性があるので注意しましょう!

着衣着火の原因になりやすい素材とは? 北海道千歳市の事例から

着衣着火の事故にご注意してください!

引用:千歳市
  • やかんを火にかけ、ガスコンロの奥に手を伸ばした時に着衣に引火
  • 仏壇のローソクの火を付けたまま、供え物を下げようとした時に、服の袖口に引火
  • 首にスカーフを巻いたまま、ガスコンロに火をつけた時、スカーフに引火
  • 調理中に、換気するため窓を開けようと手を伸ばし、服に引火
  • 石油ストーブを囲み、会話の最中、服の袖口に引火
  • タバコを吸うため、ライターで火を付けたら、マフラーに引火
  • たき火をしていたら、炎が風にあおられ、服に引火

着衣着火の原因になりやすい素材とは? 「表面フラッシュ現象」を未然に防ぐ

着衣着火を防ぐための衣服の素材としては、調理中袖口に火が付くことが多いので、燃えにくい防炎加工されているエプロンやアームカバーなどを使用することが安全です。
 
そしてガスコンロなど使う時は、マフラーやストールなどを外すようにしましょう!

また裾や袖が広がっている服は、着火しやすいので着用を避けるほうが良いです。

冬など、着衣の表面が起毛していたり、炎が燃え広がりやすい素材の服は、わずかな炎で着火して、短い時間で燃え広がるので、燃えやすい素材の服を着ている時には十分気をつけましょう。

着衣着火の原因になりやすい素材とは? 「表面フラッシュ現象」を未然に防ぐ まとめ

溶接作業やガスコンロを使った調理中は、着衣着火の原因になりやすいので、安全で引火しにくい素材の服などを、なるべく着用し、「表面フラッシュ現象」を未然に防ぐことが大切だということがわかりました。

宇都宮市の芸術大学で起きた事故を考えると、鉄板を切断している時に出る、鉄板切断カッター「グラインダー」の火花が引火したことが原因なので、危険はどこにでも潜んでいて注意が必要です。

冬になると、着衣の表面が起毛した服や、マフラーを着用していたり、こたつやストーブなどを使用したりと、着衣着火の原因の元になるものは周囲にあります。

日頃から注意しながら、使用していこうと思いました。

着衣着火の対処法については、こちらをご覧ください。

 着衣着火の対処 止まって、倒れて、転がって! 1人でも対処できるよ

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。