静岡おでんの特徴は?「どうする家康」駿府城公園内を散策しながら堪能する - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

静岡おでんの特徴は?「どうする家康」駿府城公園内を散策しながら堪能する

大河ドラマ2023

2023年大河ドラマ「どうする家康」の舞台の一つでもある駿河(静岡県静岡市)の駿府城公園には、静岡で昔ながらのおでん、静岡(しぞぉ〜か)おでんが堪能できる場所があります。

散策ルートとしては、東御門(資料館)紅葉山庭園(お茶室)家康公お手植みかんの木徳川家康の銅像天守台跡発掘調査現場発掘情報館きゃっしる、そして静岡おでん、隣接する静岡歴史博物館の順に回られると良いと思います。

大河ドラマ「どうする家康」については、↓以下をご覧ください。

 大河ドラマ2023「第1話・どうする桶狭間」1月8日放送〜静岡市の久能山東照宮を松潤が参拝!

 どうする家康見逃し第2話「兎と狼」臆病な白兎が虎に進化する〜三河岡崎に帰る

 どうする家康第3話「三河平定戦」とは?1月22日放送で元康16年ぶりの再会が果たされ新たな問題が・・・

スポンサーリンク

駿府城公園内を散策〜家康公お手植みかんの木、徳川家康の銅像

公園内には、家康公お手植みかんの木があり、その横には徳川家康の銅像があります。

観光で来られた人や、散歩の途中で寄った人などが、銅像前で記念写真を撮っていました。

そしてこの後側には、只今発掘途中の天守台跡発掘現場があります。

かなり広いです。

 大河ドラマ2023「どうする家康」徳川家康公ゆかりの駿府城公園と静岡の街について

お堀の池には、たくさんの鯉が泳いでいて、外堀にはかるがももいました。

 大道芸ワールドカップはなぜ静岡で開催?海外のパフォーマーが4年ぶりに参加!駿府城天守の発掘現場も開放!

イベントの時には屋形船も出て、ちょっと優雅な遊覧の旅を味わえます。

駿府城公園内を散策〜天守台跡発掘調査現場と発掘情報館きゃっしる

天守台跡発掘調査現場は開放している日時などあるので、時間に余裕のある時に寄ってみてくださいね!

開場:9:00〜16:30(入場は16:00まで。年末年始は休場)

〒420-0855 静岡県静岡市葵区駿府城公園1−1
〒420-0855 静岡県静岡市葵区駿府城公園1−1

 「どうする家康」NHK大河ドラマ放送開始!静岡市歴史博物館の場所と駐車場とシャトルバス

こちらでは、今川義元の時の遺構と遺物が出土されていて、それを「発掘情報館きゃっしる」で展示しています。

左奥に、発掘情報館きゃっしる」があります。
発掘から石垣もあらわになりました。

貴重な中国製磁器などが見つかっていて、中国との交流があったことがわかります。

駿府城公園内を散策〜静岡(しぞぉ〜か)おでんの特徴は?

駿府城公園内の静岡おでん

静岡おでんは、だしに牛スジがプラスされ、濃口しょう油を使うことで真っ黒なスープになっています。

この牛スジだし静岡おでんの特徴の1つで、 スープは毎日継ぎ足し継ぎ足しで黒くなっています。

牛すじ、黒はんぺん、練り物、大根、卵など具材を全て串に刺して、色の黒いだし汁で煮込み、青のりや魚のだし粉をかけて食べます。

黒はんぺん

黒はんぺんは、魚のすり身を使っていて、静岡ならではの味になっています。

【楽天】静岡の味を食卓に!!

静岡市の郷土料理で、駄菓子屋でも売っていて、おやつがわりに子どもの頃から慣れ親しんでいる人が多いのです。

今回も用事のついでに散歩で寄ってみたのですが、公園内はとても広くて落ち着ける場所です。

春のお花見の時は、園内とても賑わっています。

静岡まつりには、大名行列など、いろいろな催し物を見ることができます。

おでんは個人的には、もち巾着とモツとこんにゃくが好きで、何度でも食べてみたい味だと思いました。

静岡おでんの特徴は?「どうする家康」駿府城公園内を散策しながら堪能する まとめ

2023年大河ドラマ「どうする家康」の舞台の一つでもある駿河(静岡県静岡市)の駿府城公園には、静岡で昔ながらのおでん、静岡(しぞぉ〜か)おでんが堪能できる場所があり、ざっと園内のご紹介をしてみました。

ベンチがたくさんあるので、仕事で煮詰まってしまった時にも、ちょっとリラックスできて良いと思います。

芝生に寝そべってみたり、ボール遊びしたり、皆さんいろいろな楽しみ方をしています。

以前は児童会館があったり、外には機関車が置かれていたこともあり、もっと昔には円形のプールもありました。

今はその姿は無く、令和4年からライトアップも始まり、違う楽しみ方が増えました。

時代により移り変わリもあり、ちょっと寂しいですが、東御門に資料館ができ、紅葉山庭園にはお茶室もでき、優雅な気持ちに浸れるのは確かです。

1月13日にオープンした、駿府城公園すぐ横にある静岡市歴史博物館も、室町〜戦国時代までにワープできる空間になっているので、駿府城公園の散策の後は、こちらで歴史の勉強をしてみるのもアリだと思います。

静岡おでん、また食べに行こうと思います♪

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。


https://www.artwave7.com/archives/category/大河ドラマ2023