猫アレルギー対策 ムズムズ症状と原因が気になる 猫アレルギーは治るの?

ペット

猫アレルギーが気になり、保護猫を譲渡できずにいる人も少なくないと思いますが、猫アレルギーのムズムズ症状や原因は何か、猫アレルギーは治すことができるのかがわかれば、安心して飼うことができます。

猫好きさんでペットショップや保護猫カフェで猫の購入を考えている人には、ムズムズした猫アレルギーは障害の一つになります。

食物アレルギーや季節の変わり目などにアレルギー症状が出た場合には、少し注意が必要かもしれません。

もし親戚や友人の家で猫を飼っていたら、少し猫と遊んでみてアレルギーのような症状が出るのかを確認してみるのも良いと思います。

身内や友人の家で猫を飼っている人がいなければ、保護猫ちゃんがいる「猫カフェ」に、少し通って様子をみてみるのも良いかもしれませんね。

猫アレルギーについて

現代の世の中は「アレルギー時代」と呼ばれているくらい、花粉症や食物アレルギー、ハウスダストや車の排気ガスなどの汚れた空気にも敏感に反応する人が増えてきています。

核家族化が進行し、ペットを購入する家も増えてきていて、犬猫を飼いたくても家の中の誰かがアレルギー反応をだしてしまうと、ペットを手放すことになってしまいます。

猫がアレルゲンとなってしまう猫アレルギーの症状や原因、その対処法について一緒にみていきましょう。


猫アレルギーの原因

アレルギーの原因ってニャンだろう?

犬に比べると猫がアレルゲンとなる人が多く、猫アレルギーは猫の毛や唾液、尿などが原因だと言われています。

空気中や部屋の壁などに、猫のアレルゲンとなるものが漂っていたり、付着したりしている場合があります。

室内のハウスダストなどのダニが原因で、アレルギー症状があらわれることもあるので、一概に猫アレルギーであるとは判断しにくい場合もありますが、疑ってみる可能性はあります。

アレルギーは体内に入ってきた異物を、免疫系が排除する時に細胞が反応を起こすことにより、逆に体内の細胞を傷つけてしまうことから症状が起こります。

体質によるものなのですが、ある日突然アレルギー反応が起こる場合もあります。


猫が発するアレルゲンとは?

猫アレルギーのアレルゲンは、現在8種類が知られています。

セクレトグロビン
アルブミン
シスタチン
リポカリン
IgA
IgM
Fel d 7
Fel d 8

中でも、猫の皮脂腺から分泌されるFel d 1と呼ばれる糖タンパクや、唾液中に含まれるFel d 4が、猫アレルギーを引き起こす主犯格とも言われています。


ムズムズ猫アレルギー症状

目が充血し、ムズムズと痒くなる

ムズムズして鼻水やくしゃみ、咳が出る

猫に触れた皮膚の部分が、ムズムズと痒くなる

ぜんそくのような症状や、呼吸困難になる

その他、アレルゲンの少ない猫の紹介ページをみつけたので、ご紹介します。

猫アレルギーでも飼える猫7種。アレルゲン物質が少ないおすすめ種類

引用:Catchu きゃっちゅ

ムズムズ猫アレルギー対策

くしゃみが出る時には、部屋の掃除を!

猫アレルギーは治るのか気になりますが、改善点はあるのでやってみると良いと思います。

こまめに部屋を掃除する

掃除機をかける時はマスクをして、付着している猫の毛を取り除くようにします。

窓を開けて換気しながらやると効果的です。

空気清浄機をつける

ハウスダストなど、アレルギーとなる物質を清浄にしてくれるので、猫アレルギーにも効果があります。

猫を寝室に入れない

副交感神経を刺激しなように、就寝する時は別々の部屋がベストです。

猫をシャンプーする

シャンプーすると大量に毛が抜けて、乾かしてからブラッシングすると毛についていたアレルゲンが取れるので、月1回以上は猫をシャンプーしましょう。

その他、猫アレルギーを気にすると気持ちが沈んでしまうので、健康的な生活をおくるように努力し、ストレスもためずに自然体でいると良いと思います。


まとめ

現在、保護猫ちゃんを迎え入れて一緒に暮らしていますが、確かにムズムズする猫アレルギーは気になるところですが、猫アレルギーの症状や原因と、ムズムズ猫アレルギー対策などわかってきたので、実践してみたいと思います。

保護猫カフェを利用することで、ムズムズ猫アレルギー問題も解決するかもしれないので、猫と接してみて確かめてみるのも良いかもしれませんね。

猫と楽しいひと時をおくってみるのも良いものです。

保護猫ちゃんに、譲渡会で出会えて本当に良かったと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

保護猫関連記事

タイトルとURLをコピーしました