「かに道楽」から「アホの坂田」まで:キダ・タロー楽曲ファン投票結果発表! - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

「かに道楽」から「アホの坂田」まで:キダ・タロー楽曲ファン投票結果発表!

芸能
Screenshot

日本の音楽シーンに多大な影響を与えたキダ・タロー。彼が手掛けた曲の中で最も心に残る楽曲はどれでしょうか?541票に及ぶファン投票の結果、「かに道楽」のCMソング、バラエティ番組『プロポーズ大作戦』のテーマ曲、そして「アホの坂田」として知られる坂田利夫さんのテーマ曲がトップ3に輝きました。これらの楽曲が多くの人々に愛される理由を探ります。

この記事を読むとわかること

■内容■

  • キダ・タローによる「かに道楽」、「プロポーズ大作戦」、「アホの坂田」のテーマ曲の制作秘話
  • 各曲がいかにしてキダ・タローの手により独自の形で誕生したかの詳細
  • これらの楽曲が今なお多くの人々に愛され続ける理由とその文化的影響

スポンサーリンク

キダ・タロー楽曲ファン投票結果

キダ・タローが作曲した、印象に残っている曲についてで、541票の集計結果になります。

  • 「かに道楽」CMソング 25.9%
  • 「プロポーズ大作戦」番組テーマ曲 19.8%
  • 「アホの坂田」坂田利夫さんのテーマ曲 17%
  • 「その他」 10.2%

「かに道楽」CMソング:独特のリズムが魅力

キダ・タローが作曲した「かに道楽」のCMソングは、彼の楽曲の中でも特に短時間で完成された作品です。彼はわずか10分でこの曲を作曲し、その効率の良さと創造性の高さには多くの業界関係者も驚いたと言います。

このCMソングは、関西地方では誰もが一度は耳にしたことがあるほどの知名度を誇り、「獲れ獲れぴちぴち かに料理」というフレーズは今も多くの人に覚えられています。

制作の背景には、キダ・タローの音楽に対する深い情熱と、CMという短い時間の中で最大限のインパクトを与えるための工夫が詰まっています。

引用:YouTube  キダ・タロー先生「かに道楽」歌唱:デューク・エイセス

キダ・タローによる「かに道楽」の創作背景

キダ・タローは、MBSテレビの番組『水野真紀の魔法のレストラン』に出演し、この曲の制作秘話を公開しました。彼は、このCMソングの作曲において、極めて短い時間で高いクオリティの楽曲を完成させることができたと述べています。

番組内でのクイズ形式での発言では、「これまで何千もの曲を作曲してきましたが、『かに道楽』のCMソングは最も短時間で完成した曲です」と語っており、その作曲スピードの速さが彼の音楽制作技術の高さを如実に示しています。

ファンが語る「かに道楽」の魅力

ファンからは、「かに道楽」のCMソングが具体的にどのような影響を与えたかについて多くの意見が寄せられています。そのキャッチーなメロディとリズムは、多くの人々の記憶に残りやすく、一度聞いたら忘れられない印象深い楽曲として評価されています。

また、この楽曲が流れるCMは、視聴者に楽しさとともに高品質なカニ料理をイメージさせ、レストランへの足を運ぶきっかけを作ったとも言われています。

「プロポーズ大作戦」のテーマ曲:懐かしさを感じさせるメロディ

『プロポーズ大作戦』のテーマ曲は、キダ・タローによって1973年から85年まで放送されたバラエティ番組のために作曲されました。この楽曲は、番組が終了してから数十年経った今でも多くの人々の記憶に深く残っています。

キダ・タローは、ジャズ音楽の影響を受けており、このテーマ曲にもその影響が色濃く反映されています。彼は番組のコミカルで楽しい雰囲気を音楽に反映させるため、ジャズ的なアプローチを取り入れました。

特に、トロンボーンの最低音を活かしたアレンジは、キダ・タローの音楽におけるクリエイティブな特徴を示しており、この曲がいかにユニークかを物語っています。

「プロポーズ大作戦」については、↓こちらをご覧ください。

『プロポーズ大作戦』とキダ・タローの軌跡:テレビ界に残した5000曲の足跡

番組と共に歴史に名を刻む楽曲

『プロポーズ大作戦』のテーマ曲は、番組の象徴として長年にわたって親しまれてきました。この曲は番組のオープニングだけでなく、多くの場面で使用され、番組の一部としてファンに愛され続けています。

キダ・タロー自身もこの曲に対して特別な愛着を持っており、制作時のエピソードを語ることがあります。その中でも、特定の音楽的要素を前面に出したことで、視聴者に強烈な印象を与えたと述べています。

視聴者の心に残る「プロポーズ大作戦」の音楽

『プロポーズ大作戦』のテーマ曲は、そのキャッチーなメロディとリズムで、番組を象徴する楽曲として多くの視聴者に愛されました。番組の面白さとともに、この楽曲が番組の成功に大きく寄与したことは疑いようのない事実です。

多くのファンは、この楽曲を聞くだけで番組の楽しいシーンを思い出し、懐かしさを感じると報告しています。このように、キダ・タローの音楽は時を超えて多くの人々に影響を与え続けています。

「アホの坂田」:坂田利夫を象徴するテーマ曲

「アホの坂田」というテーマ曲は、キダ・タローによって作曲されたもので、お笑い芸人の坂田利夫さんの個性を表現するために特別に作られました。この曲は、メキシカン・ハット・ダンスのリズムをパロディ化したもので、非常にユニークな背景があります。

キダ・タローは、若い頃に進駐軍専用のキャバレーでピアノを演奏しており、メキシコの客からよくリクエストされたこの曲のメロディに強い印象を受けました。その後、坂田利夫さんの曲を作る機会に、この楽しいメロディを生かすことにしました。

「アホの坂田」というフレーズは、大阪弁の「アホ」にアクセントを置いており、坂田さんのコミカルなキャラクターと完璧にマッチしているとされています。

引用:YouTube 「アホの坂田」

キャラクターを形作る印象的なメロディ

この曲は、坂田利夫さんのパフォーマンスにおける重要な要素であり、彼の人気を一層引き立てるものでした。曲のイントロに「メキシカン・ハット・ダンス」のメロディを使用することで、聴く人に即座にその楽しい雰囲気を伝えることができました。

また、キダ・タローはこの曲を「盗作ではなくパロディー」として位置づけ、創造的なアプローチを取り入れています。これにより、曲は坂田利夫さんの芸風を音楽的にも表現することができました。

ファンから見た「アホの坂田」の魅力とは

「アホの坂田」はリリース後すぐに広く受け入れられ、多くのファンに愛される楽曲となりましたが、その一方で、一部からは批判もあり、学校などでのいじめが懸念されるなどの理由から発売後すぐに発禁処分となりました。

しかし、キダ・タロー自身は、音楽が持つ強い影響力を認識しており、「音楽はそれだけの力がある」とコメントしています。この楽曲は、音楽がどれほど強いメッセージを持つかを示す例として、今も語り継がれています。

まとめ:キダ・タロー楽曲の不朽の魅力

キダ・タローが作曲した楽曲は、その卓越した才能と独創的なアプローチにより、日本の音楽シーンにおいて不朽の地位を確立しています。彼の楽曲は、多岐にわたるジャンルとテーマをカバーしており、特に「かに道楽」のCMソング、「プロポーズ大作戦」のテーマ曲、そして「アホの坂田」といった作品は広く親しまれています。

これらの楽曲が長年にわたって多くの人々に愛され続ける理由は、そのメロディの魅力と共感を呼ぶ歌詞にあります。キダ・タローは、リスナーの心に響くメロディを作り出すことに長けており、その楽曲は時とともに更なる価値を増しています。

また、彼の楽曲はシンプルで親しみやすいものから、複雑で深い感情を描き出すものまで、幅広い表現が見られます。それぞれの楽曲が持つ独自の背景やエピソードは、聴く者に深い印象を与え、音楽そのものの楽しさを伝えています。

キダ・タローの楽曲は、今後も多くの音楽ファンにとって貴重な遺産として、その魅力を放ち続けるでしょう。彼の音楽は、新しい世代のアーティストやリスナーに影響を与え、日本の音楽文化を形成していく重要な要素の一つとなるでしょう。

キダ・タロー先生のご冥福をお祈りいたします。

この記事のまとめ

◆内容◆

  • キダ・タロー氏が作曲した「かに道楽」、「プロポーズ大作戦」、「アホの坂田」という楽曲は、それぞれユニークな背景と創作秘話を持つ。
  • これらの楽曲は彼の音楽的才能と創造的アプローチを示し、長きにわたって多くのファンに愛されている。
  • キダ・タローの楽曲は、音楽が文化に与える影響の大きさと永続性を象徴しており、日本の音楽界における彼の遺産は計り知れない。

https://www.artwave7.com/archives/category/芸能

浪花のモーツァルト キダ・タローの ほんまにすべて

遅れてごめんね 母の日ギフト クーポンで10800円★6000円OFF有!送料無料 最大3kg★選べるメガ盛元祖カット済生ずわい蟹or生棒ポーションor爪下肩肉3kg かに カニ むき身 鍋 カニしゃぶ お取り寄せ 父の日 早割 ギフト 福袋 グルメ プレゼント ズワイガニ