スポンサーリンク

王様ランキングのデスパーとオウケンは騎士兄弟 サーコートと甲冑が似合う?

王様ランキング

王様ランキングのデスパーとオウケンの兄弟は、騎馬にまたがる騎士であり、三男のオウケンは鎧(よろい)または甲冑(かっちゅう)を、次男のデスパーはサーコート(上衣)にちょーちんブルマスタイルに身を包んで戦っています。

中世を舞台にした、映画やドラマやゲームなどに登場する西洋騎士は「ナイト」と呼ばれていて、マントや鉄の甲冑(かっちゅう)、またワンピース形式のゆったりとしたサーコート(上衣)を着て、カッコよさを印象付けています。

マント、鉄の甲冑(かっちゅう)サーコートなど、冥府の国とボッス国では、誰が何を着ているのか気になったので、わかる範囲で調べてみました。

スポンサーリンク

王様ランキングのデスパーの着ているサーコートとは?

サーコートベルト付きの袖なし上衣で、 13~14世紀にはヨーロッパの男女が着用していたことがわかりました。

ワンピース形式のゆったりとした上着で、形や装飾には各種あって、だいたいは丈が長く優雅なのが特徴です。

男性用は、膝丈(ひざたけ)くらいでゆったりとしていて、鎧の上などに着ていたそうです。

デスパーの場合は、下にちょーちんブルマを履いているので、スッキリ見えますね。


デスパーのちょーちんブルマスタイルについては、こちらをご覧ください。

王様ランキングのデスパーは、ちょーちんブルマで戦闘態勢!

デスパーの兄、冥府の国王のデスハーもサーコートを着ていますが、いつもはお城にいるので、ゆったりとした服装がベストだと思います。

王様ランキング ヨーロッパの騎士の場合は?

ヨーロッパの騎士は、中世において騎馬で戦う者に与えられた名誉的称号で、必ずしも騎兵や騎乗戦士ではない階級を指します。

日本では江戸時代に、馬に乗り御目見(おめみえ)の資格を持つ武士の称として用いられて、徒士(歩兵)と比較していました。

そういえば馬に乗っていない足軽(あしがる)は、小走りしながら移動している姿を、時代劇などで見たことがあります。

余談になりますが、御目見(おめみえ)は江戸時代に、将軍に直接お目通りすることができ、それが許される身分でした。

御目見(おめみえ)以上は旗本(はたもと)といい、御目見(おめみえ)以下を御家人(ごけにん)と呼ばれていました。

王様ランキングのデスパーとオウケンの戦闘服の違い

デスパーはサーコートとちょーちんブルマ、そしてオウケンは甲冑(かっちゅう)スタイルで、お互いの特徴が出ています。

冥府3兄弟の特徴については、こちらをご覧ください。

王様ランキングのデスパーは非力 冥府3兄弟それぞれの特徴は?

オウケンは甲冑(かっちゅう)に身をまとっているので、顔が見えない状態で残念ですが、お顔はたぶんデスパーよりもカッコイイと思われます。

王様ランキングのデスパーとオウケンの存在

オウケンは20代前半には、冥府騎士団の団長を務めていて、国民にも人気がありました。

3人の内一番素直で、優秀で剣術も優れていたので、父親のサトゥンがオウケンの体に乗り移り、結果2人の兄たちを敵にまわすことになったのです。

デスパーは太ってしまった愛馬の白王(はくおう)にまたがり、冥府騎士団より遅れてボッス国に到着しました。

オウケンを捕獲するために、的確な指示をして、いざという時は頼りになる存在なのです。

王様ランキングのデスハーはサーコートにマント姿

さすが王様ランキング2位の地位を築いているだけあります。

丈の長いサーコートにマントを付けているデスハーは、世界一強い冥府騎士団を統率しているだけあります。

だいぶ前のアニメにキャプテンハーロックがあり、そして2021年4月で完結した進撃の巨人の中でも、やはりマントを羽織っていて、とても強そうな感じがしました。

アニメは見た目が大切なので、2021年10月放送アニメ「王様ランキング」は、そのあたりも見所のような感じです。

王様ランキングのデスパーはイケメン? 冥府の次男と三男はイケメン決定!

王様ランキングのデスパーとオウケンは騎士兄弟 まとめ

王様ランキングのデスパーとオウケンの兄弟は、騎馬にまたがる騎士で西洋騎士(ナイト)のような出立ちで、マンガ「王様ランキング」では登場しています。

アニメではどんな感じなのかが、ちょっと気になりますね。

マントや鉄の甲冑(かっちゅう)、またワンピース形式のゆったりとしたサーコート(上衣)を着て、カッコよく登場する姿を想像するだけでも楽しいですね。

ちなみに主人公ボッジはサーコート、友達のカゲはそのまま、鏡の中の存在であるミランジョや、ボッス国を守る四天王もサーコート姿の人が多いと思いました。

サーコートも色や形とか、そのキャラクターに合った設定だと思うので、美術部門も楽しみにしたいと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。



スキマ時間にマンガ・アニメ・ドラマ 無料配信サービス!

タイトルとURLをコピーしました