スポンサーリンク

王様ランキングのデスパーは、ちょーちんブルマで戦闘態勢!

王様ランキング

王様ランキングのデスパーが履いている「ちょーちんブルマ」は、いざ戦闘態勢の時にとても動きやすく、屈む姿勢でも破れることがないので大変実用的です。

日本でも小中高校の時に、ちょーちんブルマにお世話になっていた人もいるのではないかと思います。

ちょーちんブルマは体操着で、運動しやすかったので採用されたようです。

そのうち形がちょーちんのようではなくなって、女子の体操着はブルマとなっていきました。

そして男女平等から今は、ハーフパンツに統一されたようです。

そこで、デスパーが履いているちょーちんブルマのことが気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

デスパーはちょーちんブルマを履いている?

女の子は、ちょうちんブルマを履いている

王様ランキングのデスパーは、ちょーちんブルマではなく、たぶんニッカーボッカーズを履いているのだと思いますが、日本に入ってきた時には灯りをともす、ちょーちんに形が似ていることから、ちょうちんブルマと呼ばれていたようです。

日本では大正から昭和にかけて、女子学生の運動着としてちょーちんブルマが採用され、 東京オリンピックのあった1964年からは、ピッタリとしたタイプのブルマが主流となりました。

デスパーはニッカーボッカーズを履いている?

ニッカーボッカーズは、オランダからアメリカへの移民が、履いていたブリーチズと呼ばれる短ズボンのことを言い、野球やゴルフなどのスポーツウェアとして広まりました。

昔の布生地は伸縮しないので、ズボンにすると膝を曲げるのが大変で、スリットを入れて膨らますようにしてみたり、余裕を持たせるようにダボダボな格好にしたりしました。

日本でも土木現場や建築現場などで、今でも作業服として着用されています。

デスパーのように、ちょーちんブルマか、ニッカーボッカーズとタイツを履くのも、動きやすい服装にするのが目的のようです。

たぶんデスパーのいる冥府(めいふ)王国が、世界のどの辺に位置しているのかわかりませんが、土木建築業の人が履くニッカーボッカーズよりも、体操着のちょーちんブルマに近いことから、ちょーちんブルマとタイツと言った方がしっくりくるのではないかと思います。

ちょーちんブルマからブルマ、そしてハーフパンツへ

ちょーちんブルマっていつ頃まで履いていたのかは、東京オリンピックのあった1964年頃までみたいで、その後はピッタリしたブルマが女子学生の体操着に採用されました。

ちょーちんブルマはがさばるので、ピッタリフィットするブルマが履かれるようになったのだと思います。

しかし男女平等、男女同一の方向へ学習指導要領も改定され、体育の授業内容も同じになったのでブルマは消え、ハーフパンツに姿を変えました。

体操着にも歴史があったんですね。

まとめ

王様ランキングのデスパーが履いている「ちょーちんブルマ」は、戦闘態勢の時にすぐ馬にもまたぐことができ、またファッション性にも優れているため、高貴な育ちの家柄に見られます。

昔は、テニスやゴルフなどは貴族のスポーツとされてきて、誰もができるスポーツではなく、そのスポーツウェアーも一部の人しか着用することができませんでした。

たぶん乗馬などもそうだったのではないかと思います。

デスパーは普通の暮らしをしていても、国王であるデスハーの弟なので、やはり戦闘態勢の時は、ちょーちんブルマで馬にまたがるスタイルが似合っていると思いました。

どこかしら高貴な家柄のお坊ちゃまのような、またイケメンさが引き立つ出で立ちで、ファンも増えることでしょう。

2021年10月のアニメ化が今から楽しみです。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました