スポンサーリンク

王様ランキング衝撃 ミランジョは鏡の世界から闇の世界へ

王様ランキング

王様ランキングのミランジョは、鏡の世界から闇の世界へ移動し、アピスが鏡を覗いた時にはすでに移動した後でした。

闇の世界では、ミランジョはみんなに囲まれていじめられていて、衝撃的な光景でした。

その闇の世界には先にダイダが入り込んでいて、いじめられているミランジョを助けようとします。

いじめている側の人間は、私たちはみんなミランジョによって殺されたんだと主張し、ミランジョは殺されても良い人間だと言うのです。

ダイダはお面をつけているその女の子に近づきお面が外れた時の顔を見て化け物だと思ってしまいます。

その顔や切り落とした手首は、私たちがやったんだといじめていた人達が言い、ダイダはミランジョを守る決心をします。

その心のよりどころについては、こちらをご覧になってみてください。

王様ランキングのミランジョの心の傷の大きさは? 心のよりどころは?

スポンサーリンク

ミランジョは鏡の世界から闇の世界へ

闇の世界でダイダに会い、そして思念の中では、ミランジョの母、ボッジの母のシーナ王妃、ボッジ、デスパー、影一族のカゲちゃんの母、そしてボッジの友達のカゲがいました。

闇の世界のダイダは、暗闇で何もはっきり見えない状態を体験をします。

そして兄であるボッジが、いつもこんな感じの中にいたんだと悟ります。

ボッジは子ども用の剣もまともに振ることができず、耳が聞こえなくて口もきけないのです。

唯一、目が見えていることだけが救いです。

しかし何重苦を背負っているので、辛い事もあったと思います。

それを知ったダイダは、今までのボッジへの態度に、兄に申し訳ないことをしたと思ってしまいます。

闇の世界にいるダイダとミランジョは、自分の寂しさから、お互い相手のことを必要とするような存在になっていきます。

王様ランキング衝撃 ミランジョは鏡の世界から、闇の世界で何を考える?

闇の世界では、ダイダとミランジョ2人しかいません。

お互い心のよりどころは、相手のみなのです。

ミランジョは自分を守ってくれているダイダに、若かりし頃のボッスを重ねてみます。

自分にも守ってくれる人がいるんだと、一瞬心があたたかく軽くなった気がしてきます。

ミランジョの夢はボッスの夢で、誰よりも強くなりたいというボッスの気持ちを受け入れますが、ボッスは死んでしまいます。

一度死んだ身なのに、息子ダイダの体を借りて再び蘇り、闇の世界に放り出されたダイダは、その実行犯であるミランジョと一緒にいて、お互い心のよりどころとしていて、また自分が守ってあげなくてはならないとまで思わせてしまっていることに衝撃です。

ミランジョの考えていることが、よくわからなくなります。

王様ランキング衝撃 ミランジョは鏡の世界から、闇の世界と思念の世界

実はミランジョは思念の世界にも存在していて、そこでは現在のミランジョがカゲを救ったり、ミランジョの亡くなった母に会って話しをしたり、また自分はボッス様と幸せになりたいんだと訴えたりしています。

人の心の中には、いろいろな自分が潜んでいますが、ミランジョのようにその場その場で変化する多重人格者は、人の心を惑わせ、何を考えているのかがわかりにくいです。

全てを失ってしまったミランジョには、多重人格で生きるしかなかったのだと思います。

ミランジョの気持ちがこの物語の方向性を決めていて、みんながそれに巻き込まれているような、そんな気さえしてきます。

王様ランキング衝撃 ミランジョは鏡の世界から闇の世界へ まとめ

ミランジョは鏡の世界から闇の世界へと移動し、闇の世界でダイダと会ったことで、気持ちが少し軽くなってきました。

ダイダのことを本当の息子のように思っていたかもしれないミランジョなので、身内に会えたこと、そして若かりし時のボッスと重なって、気持ちが楽になれたのだと思います。

ミランジョがダイダを息子として扱っていたかについては、こちらをご覧ください。

王様ランキングのミランジョは、ダイダを息子として扱っていた?

王様ランキングは、衝撃的な出来事の連続で本当に目が離せない作品だと思います。

その作者については、こちらをご覧ください。

王様ランキング9話はニコニコ静画で読むべし? バズるを経験した作者

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました