スポンサーリンク

王様ランキング衝撃 ミランジョの故郷は魔法が使えたのになぜ崩壊?

王様ランキング

王様ランキングミランジョの故郷は、魔法立国ホウマで、ミランジョがまだ子どもだった時に、ホウマ国は、隣国ギャクザによって滅び衝撃でした。

正直者、親切者がバカを見るといった感じで、本当に悲惨な状況だったみたいです。

ミランジョがどのようにして、鏡の中で生き延びることができたのか、こちらをご覧になってみてください。

王様ランキングのミランジョは、鏡の世界から何を見ている?

スポンサーリンク

ミランジョの故郷の隣国は?

ミランジョの故郷は魔法立国ホウマで、神しか使うことができない魔法を、人間も使えるように訓練していた国なのです。

そして神々の国と魔法立国ホウマとの間に、ギャクザという国がありました。

ギャクザの国は大変貧しくて、ホウマとは真逆の生活や考え方をしていました。

その時の神は、人間の国を支配し、奴隷にしていたのです。

神の国に近いギャクザは、毎日不安の日々を過ごしていたのではないかと思います。

ミランジョの故郷が崩壊

神の国に勝つために、ホウマは魔法を勉強し、そして隣国ギャクザと手を組んで神々の国を滅ぼそうと思いました。

しかしその行為が裏目に出て、ギャクザはホウマを裏切り、神の国に助けを呼んでホウマ人を殺してしまったのです。

残った子ども達がどうなったのか分かりませんが、ミランジョは母を殺されたあげく、顔の皮をはがされ、両手首を切り落とされ、鎖につながれ見せ物にされていました。

可哀想なミランジョ

食事も与えられず餓死するのを待つだけでした。

ミランジョの故郷に戻ってきたボッス

そこへ神々との戦いから帰ってきたボッスは、横たわっているミランジョを発見し、魔神に助けを求めたのです。

鏡の世界で生きていくことを決意したミランジョでしたが、親も故郷もなくなり、本当に可哀想な人生を送ることになります。

ボッスは一生ミランジョと共に暮らすと誓うのですが、それはミランジョの父親を誤って殺してしまった償いの気持ちからなのか、負傷したボッスを介抱してくれた、ミランジョの母親への恩返しのつもりなのかはわかりませんが、とにかくミランジョの言うことは聞いてあげようと思っていたようです。

例えそれが悪い事であっても。

しかし、陰と陽を持っているミランジョの行いを阻止できる人はいるのです。

こちらをご覧ください。

王様ランキングのミランジョ 心の陰と陽 ミランジョを阻止できるのは?

ミランジョの故郷は魔法が使えたのになぜ崩壊?

一つ疑問が残りますが、魔法立国ホウマと名前が付いてるくらい魔法が使えた国なのに、なぜ崩壊してしまったのでしょうか?

神々の魔法には敵わなかったにしろ、魔法で自分たちの身は守れると思っていたのに、普通の人達と変わらず簡単に殺されてしまい、訓練も無駄になってしまいました。

ダイダの母ヒリングも治癒の魔法を使えますが、傷口を治すことができ、生き物をまた蘇らせてしまうのです。

魔法で治癒できるヒリング

ホウマの人達は、そんな余裕もなく全員殺されてしまったということなのでしょうか?

一つの国が滅び去るのは簡単なんですね。

まとめ

ミランジョの故郷である魔法立国ホウマが、一瞬のうちに滅んでしまうなんて本当に衝撃です。

それもみんな魔法を勉強し、神しか使えない魔法を使うことができた人々なのにです。

ミランジョ自身、子どもの頃の体験は一生残るほどの傷だと思います。

隣国ギャクザの思うツボで、貧しい生活をしていたギャクザの恨み妬みを、裕福な国ホウマがかってしまったということだと思います。

その気持ちが神を招き入れ、崩壊へと至ったのだと思います。

ギャクザ国は恐ろしい国で、ホウマ国は情に流されやすいお人好しの国だったのですね。

お人好しの国で育ったミランジョは、きっと情に流されやすい人だと思います。

信じる相手を間違ったら命とりですね、気をつけたいですね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました