スポンサーリンク

王様ランキングのダイダは、魔法を母ヒリングから学んだ?

王様ランキング

王様ランキングのダイダは、魔法を母ヒリングと同じく使えるのか、とても関心があります。

今のところ、魔法を使ったところは確認できていないです。

剣術の修行は欠かさずやっていて、腕はメキメキあげているけれど、魔法を使う訓練は受けていないので、成長の段階で魔法が使えるようになれるのか、とても興味津々です。

スポンサーリンク

王様ランキングのダイダは、魔法をヒリングが使えることを知っている?

我が母親で、一番近しい存在であるので、治癒の魔法を使えることをダイダは知っているように思いますが、実際はどうなのでしょうか?

兄のボッジに試合を申し込まれダイダは、ボッジをボコボコに打ちのめしてしまいました。

その時、怪我を負ったボッジが寝ているところにヒリングが現れ、魔法で治療をしたのです。

 王様ランキングのヒリングの治癒力は、優しさから?

ダイダが母の魔法を知っていれば、母親に任せておけば、ボッジは大丈夫だと思ったのではないでしょうか?

ダイダが暗闇の中に入ってしまった時にも、母の声を聞き、母が魔法で何とかしてくれると思ったのでしょうか?

ヒリングの魔法については、周囲も知っていながら、黙認していたような、そんな感じにもとれます。

 王様ランキングのヒリングの所持している「ポーション」 容器もいろいろ!

王様ランキングのダイダは、魔法を正当なものに考えていなかった?

母ヒリングが魔法を使えることを、息子のダイダが自慢していなかったのは、きっとダイダの中では魔法を正当なものと考えていなかった可能性はあります。

父ボッスの力強さに憧れ、自分も強くなりたいと剣術の修行に励んでいたダイダには、魔法は偽物のような信用できない存在だったのではないかと思います。

 王様ランキングのボッスは利己主義? 目標としているものとは、やはり・・・

なぜそんなことを言っているのかというと、自分には厳しく接するヒリングが、兄ボッジには寛容すぎるところがあり嫉妬心を燃やしていたからだと思います。

王様ランキングのダイダは、魔法を母ヒリングから学んだ?

引用:ツイッター

兄ボッジに嫉妬心を燃やし、障害があって可哀想だと思いながらも、皆んなから守られているボッジは、絶対許せない存在でした。

 王様ランキングのダイダは、ボッジの弟

魔法をまやかしのように考えていたダイダにとって、魔法を使える母ヒリングから教わろうと思ったでしょうか?

ある面、生真面目なダイダには、母よりも父の人生の在り方を尊重しているところが多いと思います。

父のように強くなりたいと、常々思っていたからです。

それは、鏡の存在のミランジョがよくわかっていました。

 王様ランキングのミランジョは、ダイダを息子として扱っていた?

ミランジョは、ダイダの母親のような立場で、いつも考えていたかもしれません。

複雑な人間模様ですね。

王様ランキングのダイダは、魔法を母ヒリングから学んだ? まとめ

王様ランキングのダイダは、魔法を母ヒリングと同じく使えるのかについては、使えないと考えられます。

それは、剣術の修行は欠かさずやっていますが、魔法を使う訓練は受けていないからです。

そして、魔法を教えてもらえたとしても、生真面目なダイダにとって、まやかしに頼らずに、正面から勝負したいのではないかと思えます。

 王様ランキングのヒリングは、魔力も解くことができる?

母の持っている治癒の魔法は、人の命を蘇らせてくれる必須な魔法なのに、何だかもったいないですね。

ヒリングの血を引いたダイダであれば魔法を受け継ぐことができそうですが・・・

気が変わることもあると思うので、様子を見ることにしましょう(笑)

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スキマ時間にマンガ・アニメ・ドラマ 無料配信サービス!

タイトルとURLをコピーしました