『怪獣8号』ED 「Nobody」 和訳、歌詞の内容は優しく寄り添うメッセージ?カフカとミナの物語 - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

『怪獣8号』ED 「Nobody」 和訳、歌詞の内容は優しく寄り添うメッセージ?カフカとミナの物語

怪獣8号

『怪獣8号』のエンディングテーマである「Nobody」は、人気バンドワンリパブリック(OneRepublic)によって歌われていて、その歌詞は深い愛情と支えを感じさせるメッセージで溢れています。

この記事では、英語で歌われているこの曲の歌詞を日本語に訳し、その内容を詳しく解説します。また、この歌が作品内のキャラクター、特にカフカとミナの物語とどのようにリンクしているのかを探ります。

ぜひ、歌詞の意味を通して『怪獣8号』の世界にもっと深く触れてみてくださいね!

この記事を読むとわかること

■内容■

  • 「Nobody」の歌詞の日本語訳とその意味
  • 歌詞がカフカとミナの物語とどうリンクするか
  • ワンリパブリックと『怪獣8号』の関係性

 怪獣8号アニメの主題歌は?ヤングブラッドの「Abyss(アビス)」に決定!PVあり

スポンサーリンク

『怪獣8号』ED 「Nobody」の歌詞の内容

ワンリパブリック(OneRepublic)が歌う『怪獣8号』ED の「Nobody」は英語で歌われています。

引用:YouTube アニメ『怪獣8号』ノンクレジットED|OneRepublic「Nobody」|毎週土曜23時~放送・配信

どのような内容の歌詞なのか知りたくて、日本語での内容を調べてみました。

以下をご覧ください。

「どんな時でも君を守るよ。周りに誰もいなくても、僕がいるから大丈夫だよ。」

「夜通しずっと君を守るよ。どんな大変なことが起きても、僕がそばにいるから安心してね。」

「僕は君のためならどんな壁も越えるよ。君が助けを必要とするとき、僕がいつもそばにいるってことを覚えていてね。」

「僕は君のことを誰よりも理解してるよ。君がどんな困難に直面しても、僕がいつでも受け入れるよ。」

「本当に、僕以上に君を理解して受け入れる人はいないんだ。僕が君のためにいるよ。」

「暗い夜や寒い時、君が辛い時にはすぐに駆けつけるよ。君を失いたくないから、どんな困難も一緒に乗り越えよう。」

「僕は君のためにどんな障害も乗り越えるよ。君が必要とするとき、僕がそばにいることを覚えていてね。」

「僕は君のことを誰よりも理解してる。君がどんな困難に直面しても、僕が支えるよ。」

「本当に、僕以上に君を理解して受け入れる人はいない。僕が君のためにいるよ。」

「僕ほど君を理解して受け入れる人はいないんだ。」

「本当に、僕以上に君を理解して受け入れる人はいない。僕が君のためにいるよ。」

このように、歌詞全体は「君がどんなに辛くても、僕がずっとそばにいるよ」と優しく寄り添うメッセージを伝えているようです。

『怪獣8号』のED主題歌を担当しているワンリパブリックについて

出典:billboard-japan

ワンリパブリックは、2002年にアメリカ合衆国コロラド州・コロラドスプリングスにて結成された、男性6人で結成されたポップ・ロックバンドです。

2024年2月29日、そして4月から放送されているアニメ『怪獣8号』のED主題歌を担当しています。

ワンリパブリックのメンバー紹介

名前名前(英語)年齢主な担当楽器
ライアン=テダーRyan Tedder44リードヴォーカル、ギター、ピアノ
ザック=フィルキンスZach Filkins45ギター、ヴィオラ、ドラム
ドリュー=ブラウンDrew Brown 40ギター、グロッケンシュピール
ブレント=クツレBrent Kutzle38チェロ、ベース、キーボード
エディー=フィッシャーEddie Fisher50ドラム、ピアノ
ブライアン=ウィレットBrian Willett34アナログシンセサイザー、ピアノ
引用:ウィキペディア

怪獣8号ED 「Nobody」の商品紹介

  • 発売日: 2024年06月26日
  • アーティスト: ヤングブラッド/ワンリパブリック
  • 関連作品: 怪獣8号
  • 発売元: ユニバーサルミュージック
  • 販売元: ユニバーサルミュージック
  • ディスク枚数: 2枚(CD1枚,Blu-rayDisc Video1枚)
  • 品番: UICS-9183
  • JAN: 4988031651865
  • 洋題: ABYSS/NOBODY (FROM KAIJU NO. 8)

Abyss/Nobody (怪獣8号OP/EDテーマ) [ ヤングブラッド/ワンリパブリック ]

ワンリパブリックのアルバム紹介

ライアン・テダー率いるワンリパブリックは、2023年3月に来日公演をしました。

ライアン・テダーの経歴と彼が手掛ける『怪獣8号』ED「Nobody」、ワンリパブリックの未来

それを記念した日本独自企画アルバムが、『ワンリパブリック – ジャパン・パラダイス・ツアー・エディション』で、2月15日にリリースされました。

このアルバムには、大ヒット・シングル「カウンティング・スターズ」や「アポロジャイズ」などや、2022年の映画『トップガン マーヴェリック』の挿入歌である「アイ・エイント・ウォーリード」や、初CD化された「サンシャイン」や「ウェスト・コースト」など、18曲が収録されています。

来日公演【OneRepublic: Live In Concert】の特典

この時の購入者特典は、3月7日に東京ガーデンシアターで行われた【OneRepublic: Live In Concert】の来日公演チケット購入者を対象にした抽選企画、ワンリパブリックのメンバーとミート&グリートでした。

またUNIVERSAL MUSIC STOREでの限定購入特典は、ワンリパブリックのクリアファイルでした。

アルバム内容紹介

  • 発売日: 2023年02月15日
  • アーティスト: ワンリパブリック
  • 関連作品: トップガン
  • 発売元: ユニバーサルミュージック
  • 販売元: ユニバーサルミュージック
  • ディスク枚数: 1枚(CD1枚)
  • 総曲数: 18(アルバム)
  • 収録時間: 60分29秒
  • 品番: UICS-1399
  • JAN: 4988031558331
  • 洋題: ONEREPUBLIC JAPAN PARADISE TOUR EDITION

[Disc1]
『ワンリパブリック – ジャパン・パラダイス・ツアー・エディション』/CD
アーティスト:ワンリパブリック
曲目タイトル:
1.アイ・エイント・ウォーリード[2:28]
2.グッド・ライフ[4:12]
3.シークレッツ[3:44]
4.サンシャイン[2:44]
5.レスキュー・ミー[2:39]
6.ストップ・アンド・ステア[3:43]
7.ディドゥント・アイ[3:27]
8.ラン[2:48]
9.キッズ[3:58]
10.アポロジャイズ[3:28]
11.ホエアエバー・アイ・ゴー[2:49]
12.サムデイ[3:07]
13.オール・ザ・ライト・ムーヴス[3:58]
14.ウォンテッド[2:16]
15.アイ・リヴド[3:54]
16.ウェスト・コースト[3:15]
17.イフ・アイ・ルーズ・マイセルフ[3:34]
18.カウンティング・スターズ[4:17]

ワンリパブリック – ジャパン・パラダイス・ツアー・エディション [ ワンリパブリック ]

『怪獣8号』ED 「Nobody 」和訳、歌詞の内容は優しく寄り添うメッセージ?まとめ

『怪獣8号』ED 「Nobody 」の歌詞の内容を調べてみましたが、その内容と違ってEDに登場しているのは、オペレーター部隊のリーダーである小此木ちゃんの仕事の様子です。

歌詞の内容からして、幼馴染みの日比野カフカと亜白ミナのことを歌っていると思うのですが、小此木ちゃんがパソコンの前でうたた寝している姿があったりして、なんだかほのぼのした感じです^^

カフカとミナは共に怪獣と戦うことを誓った同士であり、上司と部下であり、また幼馴染みです。

ワンリパブリックのメンバーも、きっと『怪獣8号』のキャラクターたちを思い描いて、歌っていることでしょう。

とても素敵な曲だと思いました。

この記事のまとめ

■内容■

  • ワンリパブリックが歌う『怪獣8号』ED「Nobody」の歌詞は、深い愛情と支えのメッセージ
  • 歌詞がカフカとミナの物語とリンクしている
  • 小此木ちゃんのほのぼのしたシーンも描かれる
  • ワンリパブリックのメンバーと『怪獣8号』の関係性を紹介

気になるアニメ速報 怪獣8号

https://www.artwave7.com/archives/category/怪獣8号