怪獣8号11巻ネタバレ考察〜四ノ宮キコルの勇気と怪獣15号撃破の瞬間〜 - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

怪獣8号11巻ネタバレ考察〜四ノ宮キコルの勇気と怪獣15号撃破の瞬間〜

怪獣8号

怪獣8号の第11巻では、四ノ宮キコルの勇敢な戦いや、怪獣15号の撃破が描かれています。

特に、識別クラスの怪獣11〜15号が登場し、対峙する過程で、それぞれの隊員たちが隊長級の強さを持っていることが明らかになってきます。

11巻には、第82話から第89話までが収められていて、各話では防衛隊のメンバーたちがそれぞれの怪獣と対峙し、苦戦しながらも勝利を目指しています。

怪獣8号「漫画」1巻〜11巻

スポンサーリンク

怪獣8号11巻82話と83話・カフカとキコルが頑張る

第82話では、人間に特化した識別怪獣によって防衛隊が圧倒され、立花小隊長が怪獣13号によって瀕死の状態に追い込まれてしまいます。

しかし、東雲が援護に入るも、逆に怪獣13号に反撃されてしまいます。

引用:漫画「怪獣8号」(C)松本直也(ジャンプ+)

東雲は隊長である鳴海の信頼を得るために努力を重ね、小隊長に任命されますが、識別怪獣の強さには手も足も出せずにいます。

そんな絶望的な状況の中、カフカが命令を破り現れ、怪獣8号として敵と戦います。

第83話では、カフカがキコルの言葉を信じ、決して手助けはしないと誓いながら、キコルの勝利を祈り、自分も怪獣13号を圧倒していきます。

キコルはキコルで、怪獣15号に亡き父と母が登場する場面の精神攻撃を受けながらも、自身の弱さを乗り越えようと奮闘します。

今度は逆に怪獣15号が、自分自身での精神攻撃により、威力を失いキコルに倒されるのでした。

キコルの両親と、15号の親(パパ)である怪獣9号の違いは、子供に対する関心度でした。

15号の親である9号は、四ノ宮キコルを倒してきたら、好きになってあげてもいいと言っていたのです。

15号のことを駒として扱っていたので、それに気づいた15号は自滅したのでした。

怪獣8号11巻84話〜89話・鳴海と11号、保科+10号と12号との戦い

第84話〜第89話は、防衛隊のメンバーたちがそれぞれの怪獣との戦いを通じて成長し、新たな力を手に入れる様子が描かれます。

引用:漫画「怪獣8号」(C)松本直也(ジャンプ+)

特に、鳴海は四ノ宮長官の記憶を持つ怪獣11号との戦いで、新しい能力を発揮し、勝利を収めています。

また、保科は10号のスーツを着ての「出来損ないコンビ」として、怪獣12号との戦いに挑んでいます。

鳴海が新しい能力で怪獣11号を倒したことなど、各キャラクターの成長と勇気が印象的で、保科と怪獣10号の戦いも、続きが楽しみです。

四ノ宮キコルの成長と決断

四ノ宮キコルは、この巻で大きな成長を遂げます。精神攻撃を受けながらも、自分の弱さを乗り越え、強大な敵である怪獣15号を倒すことに成功します。

引用:漫画「怪獣8号」(C)松本直也(ジャンプ+)

この戦いを通じて、キコルは自分自身と向き合い、内面的な強さを手に入れます。

またキコルだけでなく、防衛隊全体の士気を高め、次なる戦いへの自信となりました。

鳴海は新しい能力を発揮し、四ノ宮長官の記憶を持つ怪獣11号を倒し、保科も自身の限界に挑み、怪獣12号との戦いで勝利を目指しています。防衛隊の結束力は素晴らしいと思いました。

怪獣8号11巻ネタバレ考察〜四ノ宮キコルの勇気と怪獣15号撃破の瞬間〜まとめ

怪獣8号の第11巻は、四ノ宮キコルの勇気ある戦いや、怪獣15号の撃破を中心に、防衛隊のメンバーたちが直面する試練と成長の物語を描いています。

キャラクターひとりひとりが自己の限界に挑み、乗り越える過程は、みんなに勇気と希望を与えてくれ、チームとしての結束と信頼の重要性も強調されて、この先が楽しみです。

怪獣との戦いだけではなく、人間関係の深まりやキャラクターたちの内面的な変化にも焦点を当てている点が印象的で、それぞれのキャラクターが困難を乗り越え成長していく様子は、とても共感を呼びます。

引用:漫画「怪獣8号」(C)松本直也(ジャンプ+)

保科副隊長については、次回に期待しようと思います。

気になるアニメ速報 怪獣8号

https://www.artwave7.com/archives/category/怪獣8号