チェンソーマン2部127話・アサは宮沢賢治作「よだかの星」のような運命を?心の落下中に猫・クラムボンを思い出す - 「アニメ・ドラマ・お役立ち情報サイト」 カフェちっくな日常会話
スポンサーリンク

チェンソーマン2部127話・アサは宮沢賢治作「よだかの星」のような運命を?心の落下中に猫・クラムボンを思い出す

チェンソーマン

チェンソーマン2部127話で、三鷹アサはチェンソーマンにより心の落下を止められ、宮沢賢治の短編小説「よだかの星」と同じく恐怖から逃れようともがきます。

宮沢賢治の作品「よだかの星」を思わせる場面が、チェンソーマン98話で戦争の悪魔「ヨル」がよだかの姿をして登場し、死にかけたアサと体を共有するようになったのです。

チェンソーマンであるデンジが人を食べる光景も、宮沢賢治の作品をヒントにしていると考えられます。

スポンサーリンク

チェンソーマン2部127話・アサは自分の不幸を訴える

コック姿の落下の悪魔に料理の材料として捕まったアサは、心が落ちていき、逆に体は空高く浮上していき、チェンソーマンが風船を掴むように、アサの手を握りしめたのです。

引用:漫画チェンソーマン127話

チェンソーマンの存在自体を嫌っていたアサは、突然チェンソーマンが現れて驚いていました。

そして自分の不幸な人生を、チェンソーマンに訴えています。

しかしチェンソーマンであるデンジは、明日食べていく術がなく、血を売ったりと親の残した借金のために、ひどい生活を送っていて、デンジの方が数倍不幸な生活を送っているように思いました。

チェンソーマン2部127話・チェンソーマンからのメッセージは楽しいことを考えること!

アサは落下の悪魔のいう通りに、目を閉じてみると不思議と気持ちが楽になり、これで人に迷惑をかけたり勝手に傷つくこともないと思います。

しかし後悔も残り、一人でいいから心の底から誰かと・・・と考えているところに、チェンソーマンが現れたのです。

アサの運命の相手は、チェンソーマン・デンジだったのかもしれませんね♪

アサはチェンソーマンの手を振る払おうとするけれど、チャンソーマンに何か楽しいことを考えろ!と言われます。

「犬、猫、アイスクリーム!」

しかし寮母さんに殺されてしまった愛猫のクラムボンのことを、思い出してしまうアサでした。

 チェンソーマン2部124話感想「戦争の悪魔と落下の悪魔」アサの恐怖が気持ちを落下?

チェンソーマン2部127話・チェンソーマンに苦難を乗り越えた秘訣を聞くアサ!

チェンソーマンはアサの心の内を理解しているといい、良い日が来たと思えば、糞みたいな最悪なことが起こり全て台無しになってしまう人生をチェンソーマン・デンジも送ってきていたのです。

しかし乗り越えられそうだということを、アサに伝えています。

それは自分の欲望を叶えること。セックスすることです。

アサの「きもっ!!」という気持ちわかります(笑)

しかしアサだって、死ぬ前に誰か一人に認めてもらいたいと思っていたはずです。

デンジとアサの境遇と、誰か一人にが、二人の関係性を近づけるきっかけになりそうですね!

=====================

チェンソーマンAmazonプライムで無料視聴してみましょう!

「アレクサ、チェンソーマンみせて!」

こちらに話しかけると、Amazonプライムビデオを再生して、チェンソーマンを観ることができます。

セットで登録・購入するととても便利ですよ♪

=====================

#チェンソーマン#チェンソーマン最新刊#チェンソーマン2部#チェンソーマン漫画#チェンソーマン マキマ#チェンソーマン キャラ#チェンソーマン作者#チェンソーマンアニメ

チェンソーマン2部127話・アサは宮沢賢治作「よだかの星」のような運命を?

宮沢賢治の短編小説「よだかの星」のよだかは、とても醜い鳥で、ほかの鳥から嫌われていました。

よだかの星 (日本の童話名作選) | 宮沢 賢治, 中村 道雄 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで宮沢 賢治, 中村 道雄のよだかの星 (日本の童話名作選)。アマゾンならポイント還元本が多数。宮沢 賢治, 中村 道雄作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またよだかの星 (日本の童話名作選)もアマゾン配送商品なら通常...

アサの体に入っているヨル(戦争の悪魔)が、まさしくよだかのような姿で、アサもクラスメイトからいじめを受けていました。

よだかは、自分の運命を悲しく思い遠くへ行こうと考えます。

空高く飛び上がり、そして羽が凍り付くほど高くまできて、よだかはついに力尽きてしまいます。

落下の悪魔によって心を揺さぶられ、落ちていくのと反対に、体が空高く舞い上がっていくアサと同じ状況なのかもしれません。

その他、アサが孤児院で可愛がっていた猫・クラムボンも、宮沢賢治の短編童話「やまなし」で、「クラムボンは死んだよ。」という一節が同じで、リンクしています。

 チェンソーマン2部主人公の名前は?悪魔に親を殺され猫が唯一の友達

よだかの星では、赤い山焼けの火恐怖を表し、その恐怖から逃れるために、よだかはこの世から離れて、青白い星々の光になったのです。

よだか自身が、自分の体が青く美しい光になって、静かに燃えているのを見たのです。

アサには体を共有しているヨルがいます。

もしどちらかが死んでしまった場合、どちらかがその姿を見ることができますね!

チェンソーマン2部127話・アサは宮沢賢治作「よだかの星」のような運命を?心の落下中に猫・クラムボンを思い出す・まとめ

チェンソーマン2部127話で、三鷹アサはチェンソーマンにより心の落下を止められ、宮沢賢治の短編小説「よだかの星」と同じく恐怖から逃れようとしています。

そして宮沢賢治の作品には食物連鎖の場面があり、獲物を捕まえてそれを食べて生き延びていくという、これは生きるために仕方のない定めなのです。

そのあたりもチェンソーマンには組み込まれていて、生き延びるためにデンジはマキマさんを食べてしまったのです。

 チェンソーマンがマキマを食べる?人肉を食し臓器を売る・第二次世界大戦のような背景

そしてチェンソーマンになってからも、落下の悪魔の足を食べようとしていました(笑)

 チェンソーマン2部126話「落下の悪魔」との対決にデンジは耐えられるのか?

宮沢賢治の作品「よだかの星」を思わせる場面が、時々出てきていて、とても感慨深い内容ですね。

アサとデンジの今後が気になります。


https://www.artwave7.com/archives/category/チェンソーマン

webライターさん募集中!!

記事など全く書いたことがない完全未経験者の主婦の方で、ライティングに興味のある方を探しています。

ライティングスキルを一から学んでいただき、マスターしたところで一緒にお仕事してみませんか?

詳しくはこちらから ⏩ ⏩ webライターさん募集中!!