スポンサーリンク

スパイファミリーの星(ステラ)と雷(トニト)の数とは?アーニャの皇帝の学徒と退学までの道のり

SPY×FAMILY

スパイファミリーの星(ステラ)と雷(トニト)の数は、アーニャにとって、とっても大事なことで、父ロイドとの約束で必ず星(ステラ)をとって、ダミアンの家に招待され、ダミアンの父と交流をして世界を平和にするという目的がありました。

皇帝の学徒になるための星(ステラ)と、雷(トニト)をとって退学になるかのどちらかで、アーニャは誰よりも早く星(ステラ)を取らなければならないのです。

 アーニャ父がんばるます!「SPY×FAMILY」イーデン校の入学試験の結果は?

スポンサーリンク

星(ステラ)と雷(トニト)の集めた数の意味

星(ステラ)の数も、雷(トニト)の数も、ある一定の数が集まると、イーデン校から名誉を受けるか除外されるかします。

まずは星(ステラ)の数についてですが、8つ集めると皇帝の学徒(メイベリアル・スカラー)として、イーデン校から認められた存在になり、優秀な生徒の家族などが参加する懇親会に招待されます。

プラチナ スター星 ペンダントトップ(Shining star)(Pt900ペンダントヘッド)(pzs12pt)

父ロイドはここへ潜入するために、アーニャに星(ステラ)を取るように、勉強を教えています。

続いて雷(トニト)の数についてですが、7つ集めてしまうと、イーデン校から除外、退学しなければなたなくなるのです。

これはロイドの今までの苦労が水の泡になり、プランBまで行かずに撃沈することになるのです。

スパイファミリーロイドの考えたプランAとB

プランAは、星(ステラ)を8つ集めて皇帝の学徒(メイベリアル・スカラー)になり、優秀な生徒の家族のみが参加するイーデン校主催の懇親会に参加して、デズモンドと仲良くなる作戦です。

⇒【楽天】パーティードレス 懇親会に出席するために事前準備♪

そしてプランBを考えたのは、アーニャの学力をロイドが知っていて、どう頑張っても勉強で1位を取ることはできないと考えていたからです。

プランBは、アーニャの同級生である、同じクラスにいるデズモンドの次男のダミアンと仲良くなり、個人的に家族ぐるみの付き合いをすることです。

こちらの方が可能性は大のような気がしますね^^

ダミアンはアーニャに気持ちがあるようなので、父ロイドが心配しなくてもアーニャはちゃんとダミアンの気持ちをゲットしてくれると思います。

ダミアンの父ドノバン・デズモンドとはどんな人?

出典:漫画「SPY×FAMILY」7巻

ダミアンの父デズモンドは、東国の国家統一党総裁で、ロイドの属するオペレーションの標的です。

スパイであるロイドの任務は、東西の平和を脅かす危険人物のデズモンドを探る作戦で、デズモンドに近づくためには、イーデン校の懇親会に潜入しなければならないのです。

世界の平和のために、父ロイドは潜入手段をいろいろ考えているのですが、アーニャはエスパー(超能力者)であり、父の考えていることがわかっているのに、いつも空回りして失敗ばかりしているのです。

 「アーニャピーナッツが好き」の意味とは?アーニャを知ると世界が平和にSPY×FAMILY

アーニャが星(ステラ)1つを獲得した経緯

父ロイドは、奉仕活動に親子で参加して、そこで功績を挙げれば星(ステラ)を獲得できると思い、ある病院で親子でボランティアをすることになりました。

しかしアーニャは失敗ばかり繰り返し、退出する羽目に・・・

ところがプールで溺れている男の子の助けを求める声をキャッチして、プールの中に飛び込みます。

結局二人を助けたのはロイドだったのですが、人命救助をしたということでアーニャは新入生の中で、初星(ステラ)を獲得したのです。

ペンダントライト 1灯 エトワール [ETOILE] 照明器具 間接照明 ガラス アンティーク レトロ 星 星形 星型 キッチン 寝室 内玄関 トイレ おしゃれ かわいい 北欧 ダイニング用 食卓用 一人暮らし 天井照明 オシャレ照明 電気 ギフト 星柄 雑貨 子供部屋 可愛い 韓国インテリア

アーニャが雷(トニト)1つを獲得した経緯

続いて雷(トニト)を獲得した経緯ですが、体調を崩していた風紀に厳しいシュラーク先生が、お付きの者にたくさんの雷(トニト)を持たせ、校内を巡回していました。

出典:漫画「SPY×FAMILY」9巻

人呼んで「トニトおばさん」は容赦を知らないようで、アーニャやダミアンにも、その危機がやってきました。

ハンカチを持っていなければ雷(トニト)がやってくるのです。

アーニャはハンカチを2枚持っていると勘違いし、ハンカチを忘れてきたダミアンに貸してしまいます。

ところがカバンに入れたはずのハンカチがなく、ダミアンの代わりにアーニャは雷(トニト)を受けてしまったのです。

ダミアンが「トニトおばさん」であるシュラーク先生に事情を話そうとしましたが、アーニャはそれを止めました。

スパイファミリーの星(ステラ)と雷(トニト)の数とは?アーニャの皇帝の学徒と退学までの道のり まとめ

引用:ツイッター

アーニャはダミアンを庇って、雷(トニト)をもらい退学へ一歩近づいてしまいましたね(笑)

胸に雷(トニト)をつけて帰ってきたアーニャを見て、雷(トニト)だとわかると父はその場に倒れてしまいました。

本当にアーニャといると、毎日刺激があって楽しいですね♪

わくわく感を求めているアーニャにとって、雷(トニト)はどうってことない存在なのかもしれませんね!

でも、プランBに少し近づくことができたのかもしれません。

ダミアンはきっとアーニャを家に招いてくれるはず・・・

父よ、もう少しの辛抱です。

アーニャは頑張っていますよ^^


こちらもお見逃しなく!!

SPY×FAMILY
「SPY×FAMILY」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました