スポンサーリンク

スパイファミリーアニメ第17話「オムライス♡」強靭な肉体を手に入れたユーリ

SPY×FAMILY

スパイファミリーアニメ第17話のミッションは3部作に分かれていて、「オムライス♡」では強靭な肉体を手に入れたユーリの子ども時代の思い出が描かれています。

「うまいよ姉さん〜」ゲボォおお〜〜〜

ユーリは姉ヨルの作る料理は、どんなものでも食べてきました(笑)そして・・・

この時、こんなサービスがあったら違ったかも↓

【送料無料】3ヶ月 定期便コース 本格中華 定期便 中華料理 毎月 お届け 全3回 冷凍 中華 ギフト 記念日 お楽しみ 季節

 エージェントペンギンがボロボロに・・スパイファミリー大型犬ボンドの小さな嫉妬!

スポンサーリンク

「オムライス♡」エンディング曲の後に、地獄を見た

両親のいないヨルとユーリ二人の姉弟です。

いつもは出来合いのものを買ってきて済ませていましたが、ヨルはユーリのために食事を作り提供します。

それが地獄の始まりでした。

エンディング曲は平和な日常ですが、実はその裏側には、それぞれの努力があったのです。

 スパイファミリー2期エンディング曲「色彩」yama・・からくり人形のようなアーティスト?

ユーリの気遣いが、ヨルの料理の上達を妨げていたのですね?

「オムライス♡」の後に出てきた料理は?

ヨルはユーリが気遣って食べてくれていることに気づかずに、次の日もまた次の日も手料理を振る舞いました。

オムライス♡、クリームパスタ♡、ケーキ♡

どれも原型をとどめていなく、ケーキの色は今流行りの真っ青い色でした。

食べては吐き出し、また食べては吐き出し、完食しました。

久々に市役所の後輩の家でヨルが、夫ロイドのために料理の特訓をしていた時にも、ユーリが味見(毒見・笑)のために呼ばれ、ロッティーのための料理と知って複雑な気持ちのユーリでした。

 スパイファミリーアニメ第16話「ヨル’s キッチン 情報屋の恋愛大作戦」良き妻を目指す!

しかしその時にも完食していました。

懐かしさで、ますます姉のことが好きになるユーリです。

ユーリはシスコン?姉ヨルラブで、味覚音痴になっても食べ続けた・・・

子どもの頃からユーリは、姉ヨル命で、姉弟二人だけでの生活でも幸せでした。

幼いユーリは、殺しの仕事をして生計を立てているユーリの帰りを待ち続け、帰ってくれば姉の手料理を食べるという毎日を送っていました。

ユーリにとっては、ヨルが自分のために作ってくれることが嬉しくて、食卓に出てきたものは何でも食べたのです。

極め付けは、

「姉さんてば、こんなに料理が上手なら、すぐにお嫁に行けちゃうね!」

の言葉に姉ヨルが、

「やだもぉ〜ユーリったら〜♡」

引用:ツイッター

と平手パンチで飛ばされて、ユーリは胃袋も肉体も鍛えられていったのです(笑)

男(ユーリ)は強靭な肉体を手に入れた・・・

秘密警察に所属しているユーリは4日徹夜をして、フラついてトラックにひかれても、なんともない体を手に入れていたのです。

 スパイファミリー「ユーリ」秘密警察とは?アーニャは「ひみつ・けいさつ」わくわく

上司に「気をつけろ。」と言われ、

「問題ないです!」

と平然と答えるユーリでした。

きっと世の中そんなに甘くない・・・ということを子ども時代に全て知ってしまったのかもしれませんね。

そして自分には姉がいてくれれば良いと・・・

だからロイドとの突然の結婚にはショックを受け、いまだに認めていないのかもしれません。

 スパイファミリー強さランキング!精神面で強いキャラクター1位〜5位は?

スパイファミリーアニメ第17話「オムライス♡」強靭な肉体を手に入れたユーリ まとめ

スパイファミリーアニメ第17話のミッションは3部作に分かれていて、「オムライス♡」では強靭な肉体を手に入れたユーリの子ども時代の思い出が描かれています。

シスコンであるユーリは、姉ヨルが側にいてくれただけで心強く、勉強も頑張れたのだと思います。

良い成績をとってくること、姉に勉強を教えてあげることは、ヨルをとても喜ばせたので、いつでも必死でした。

 スパイファミリー「ユーリ・黄昏」秘密警察とスパイ 意外と近くにいる存在!

そして胃袋も肉体も鍛えられ、立派に成人できたのです。

スパイファミリーの登場人物は、子どもの頃がちょっと悲惨で、それで今頑張れているのですね。

ますます応援したくなります。

他のミッションである「ぐりほんさくせんを決行せよ」「鋼鉄の淑女(フルメタル・レディ)」についても、追記していきます。

引用:ツイッター

お楽しみに!!


その他のストーリーはこちらをご覧ください。

SPY×FAMILY
「SPY×FAMILY」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました